VORNADOのVFAN-JPの底ゴムが無くなっていたので問い合わせてみた結果

最終更新日:2015/12/27 公開日: 家電 , ,

VORNADOのサーキュレーター

自宅で使っているVORNADOのサーキュレーターのVFAN(VF20)を掃除した後、床に置いてみると、心無しか斜めになっている気が・・・。
気になって底を見てみると、底に付いている足の部分にハマっているはずのゴムが1つ無くなっていました。

そのまま使っても、特に支障はなかったのですが、微妙にカタカタ不安定なのもなんだか気持ち悪いので、どうにかしたいと思った次第です。

まずは、解決方法が無いかとVORNADOのホームページを見てみましたが、パーツ販売などについての情報を見つけることができませんでした。

しょうがないので、VORNADOの日本ソ総代理店である、株式会社エヌエフ貿易に「パーツ販売はしていないか?」と問い合わせてみました。

問い合わせフォームから問い合わせ

VORNADのホームページでは基本的な手入れの方法などは丁寧に記載されているものの、パーツ販売などについての情報を見つけられなかったため、お問い合わせページから問い合わせてみることにしました。

VORNADOのパーツ販売は可能とのこと

金曜日に問い合わせて、月曜日の朝に返信が来ました。
土日は休業日と思います。

底ゴムは500円(税抜)(4個セット)で販売しているとのこと。
これに送料120円と消費税を加えて660円で購入可能。

購入したい旨を伝えると、住所と電話番号を求められるので、必要な情報を伝えると、その後すぐに「発送した」との連絡が来ました。
非常に素早い対応をしていただきました。

数日後、VORNADO V-FANの部品到着

IMG_1437
封筒の中には底ゴムと振込用紙が入っていました。
底ゴムはネジとビスも一緒にセットになっていました。

支払いは、郵便局やコンビニなどで支払える振込用紙を使って行います。通販にありがちな余計な手紙等もなく、愛想の無い感じではありますが、シンプルでなかなか良いのではないでしょうか。

VORNADO V-FANの底ゴムを交換してみた

VORNADOのサーキュレーターVF20(現行:V-FAN)をひっくり返し、該当箇所のネジを外して、残っている他のネジ部分を見ながら取り寄せたパーツを取り付けしてみました。

特に解説も必要ないくらいに非常に簡単です。

VORNADO V-FANの底ゴムを交換

VORNADO VF20でも互換性あり

パーツを取り寄せた際に1つ気になっていたのは、僕の使っているVORNADOのサーキュレーターの機種はVF20という型番。

このシリーズのサーキュレーターは一度製造中止になっていて、現在販売されているのは、新たに再販売されるようになったもの。

当初はVF20という型番でしたが、再び販売が復活した後の型番はVFAN-JPとなっています。

購入前のメールのやりとりで確認すれば不安にならずに済んだことですが、値段も値段なので失敗しても「まぁいいや」という気持ちと、見た目がほとんど同じなので「まぁ大丈夫だろう」という思いから、注文してみた次第です。

結果として、VF20でも特に問題なく取り付けできて、互換性があるようです。

滅多に必要になるものであはりませんが、こうして必要なパーツをすぐに手に入れられるのは非常に有り難いサービスです。


関連記事

サーキュレーターを掃除すると思いのほか調子が良くなったお話
VORNADOのサーキュレーター650-JPを買ったお話
VORNADOのサーキュレーター660-JPを買ったお話

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ
  • ちゃんとしたブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

PAGE TOP ↑