出来事・事故 生活

【自動車運転】出張ペーパードライバー教習を受けてみた

更新日:

出張ペーパードライバー教習

ペーパードライバー教習を受けたお話です。

僕は普通自動車免許は18歳の時に取得していますが、自動車に乗っていたのは免許を取得してから約1年間の初心者期間だけです。

その後は。大学進学や上京した関係で自動車とは縁のない生活をしてきたため、自動車免許を持っているにも関わらず、ほとんど自動車を運転する機会がないまま過ごしてきました。

東京で暮らしていると、自動車がなくても困ることはそれほど無いですし、逆に自動車を持つことで、自動車の便利さよりも、維持費や税金、保険に交通事故のリスクなど、デメリットの部分が大きく感じられるのですよね。

しかし自動車を長い間運転しなかったせいで、いつの間にか自動車を運転することが怖く感じてしまうようになり、自動車を運転できないペーパードライバーになってしまいました。

せっかく取得した自動車免許を身分証にしてしまうのは大変勿体無いのでペーパードライバーを克服すべく、個人のペーパードライバー教習を受けてみたので、その顛末をまとめてみました。

家族を持つと自動車が必要な場面が増えてくる

家族を持つと自動車が必要な場面が増えてくる

僕が最後に自動車を運転したのは、かれこれ8年ほど前でした。海外旅行に行った際に国際ドライバーライセンスを取得してレンタカーを借りて乗ったのが最後でした。

それでも田舎の道なら道路も単純で交通量も少ないので「どうにか運転できるだろうな」という自信がありましたが、流石に東京のような交通量の多く、道路もよく知らない都会の道を運転するのは難しいしと思っていましたし、怖くて運転しようとは思えません

東京で暮らしていれば、自動車がなくても特に困ることもないので「このままペーパードライバーでも良いかな」と思っていたりもした僕ですが、結婚して子供ができたりすると、自動車で移動した方が良いと思うことが急激に増えてきます

例えば、休みの日にアウトレットモールに行ったり、キャンプに行ったりするのは、いずれも電車では移動できないような場所にありますから、自動車を運転できた方が断然良いという話になります。

自動車を所有するまでは考えなくても、レンタカーを活用できるようになれば、買い物レジャーなど一気に出来ることの幅が広がるのは間違いないので、再び自動車に乗ることを真剣に考えるようになりました。

とは言え、しばらく自動車の運転をしていないペーパードライバーがいきなり運転を出来るほど自動車の運転は甘くはありません

まして家族を乗せて運転することになるわけですから、危なっかしい運転では許されません。

ペーパードライバー問題

ペーパードライバー問題

感覚の欠如

ペーパードライバー歴が長くなると、まずスピード感覚とか車両感覚が皆無になってしまうので、それだけで自動車に乗るのが怖くなってしまいます。

注意点の欠如

ペーパードライバー歴が長くなると、注意すべきポイントが欠如してしまうという問題もあります。

例えば、信号を見落としてしまったり、ミラーの確認を怠ったり、当たり前のように注意を払うべきことを注意できなくなってしまうのです。

自動車の変化

長い間、自動車に乗らないうちに自動車も変化します。

例えばエンジンを掛け方一つにしても、昔の自動車のようにキーを差し込む、というようなことがなくなりボタン式になっていたりします。

また、サイドブレーキや、シフトレバーの位置、パネル表示なども以前とは違った配置になっているので、ペーパードライバーが戸惑うポイントでもあります。

とにもかくにも、そのままで乗るには大変危険ということで、ペーパードライバー教習というものが必要になるというわけです。

ペーパードライバー教習

ペーパードライバー教習

ペーパードライバーを克服するためにはペーパードライバー教習があるというのはよく知られていると思いますが、ペーパードライバー教習には自動車学校で受けられる教習と、出張してもらえる教習があります。

教習所のペーパードライバー教習

自動車教習所がおこなうペーパードライバー教習です。

いきなり路上を走らずに教習所内のコースで練習ができ、車両自体も教習車なので安全に運転できるというところで、不安が大きい人にとっては最も安心できるペーパードライバー教習かと思います。

料金は教習所や、どの程度の練習をするかにもよって変わってくると思いますが、東京の教習所の料金を参考にするとだいたい下記の時間と料金が目安になると思います。

都内の教習所のペーパードライバー教習料金目安

● 1時間 5,000~10,000円
● 2時間が基本
入所料で10,000円程度必要な教習所もある。
● 高速教習は別途高速代

上記のような価格なので、都内の教習所で2時間程度のペーパードライバー教習を受けた場合の費用は概ね20,000円〜30,000円程度になるのだろうなと思います。

自動車教習所のペーパードライバー教習のメリット

教習所内で練習できる
● 料金が明確
● 学校なので女性でも安心
● 助手席にもブレーキがある教習車が使える

などがあると思います。

出張ペーパードライバー教習

個人または教習会社が行っているペーパードライバー教習です。もちろん指導員は自動車の教習指導の資格(指定自動車教習所指導員資格)を持った人が指導してくれます。

出張ペーパードライバー教習という名前の通りで、指定した時間に指定した場所まで自動車で来てくれるので、例えば、自宅まで来てもらって、そこから教習をスタートさせるなていうことができます。

自宅を知られたくないとか、自宅近辺の交通量が多いので避けたい等の場合は、別の場所を指定することもできたりします。

出張ペーパードライバー教習料金目安

● 2時間(100分) 10,000~15,000円

自動車教習所のペーパードライバー教習と比べると半額程度で教習を受けられます。

出張ペーパードライバー教習のメリット

● 金額や教習所に比べて安い
● 自宅〜教習〜自宅で

メリットはなんと言っても価格と時間になると思いますが、女性の場合は担当者と車内で二人きりになるので不安でしょうし、教習車ではなく普通の自動車を使用する場合もありますし、いきなり路上に出るなどで、運転が不安な人にとっては少しハードルが高い可能性があります。

出張ペーパードライバー教習は、不注意で期限に気づかず免許を失効してしまった人などが一発試験の予習のために教習を受けるパターンが多いようで、そういう人は基本的にいきなり路上でも何も困らない人が多いのではと思います。

出張ペーパードライバー教習の実際

出張ペーパードライバー教習の実際

いきなり路上で練習をするのも怖かったので、教習所で教習を受けることを考えましたが、教習所で2時間乗るよりも、出張ペーパードライバー教習で2時間教習を受けて、まだ自信が無いようであれば追加で2時間教習を受けた方が良いだろうという判断で出張ペーパードライバー教習に申し込むことにしました。

申し込みと不安

インターネットで「自分の都合の良い場所(居住地とか)と出張ペーパードライバー教習」で検索すると、ペーパードライバーを対象とした教習サービスが見つかるかと思います。不思議と古いデザインのホームページで怪しげな感じのサイトばかりが見つかります(笑)

メールで申し込み

とりあえずいくつかのサイトを確認して適当なところに申し込めば良いと思いますが、僕が申し込んだところはメールで申し込みをしました。(意外とメールで受付する教習所が多いです。)

メールフォームがあれば、必要な情報はフォームに従えば良いと思いますが、メールの場合は

● 希望のと開始時間
● 教習時間(2Hとか)
● 都合の良いエリア
● 教習の目的(ペーパードライバーなど)
● 希望の連絡方法(電話やメールなど)
● 質問など

上記の情報を書いておけば、とりあえず話がスムーズに進むと思います。

先方から返事が来れば、待ち合わせ場所や時間を詰めて本番に臨むことになります。

本番当日待ち合わせ

教習場所

お互いの都合の良い場所で待ち合わせになります。恐らく携帯電話を連絡先として教える必要があるので、時間になると先方から連絡が来ると思います。

サービスエリア内であれば自宅周辺まで来てくれると思いますが、僕の場合、自宅近辺で乗り出す自信がなかったので、比較的交通量が少なく道路も単純だと思われた隣の駅から教習をスタートしてもらうことにしました。

どこから教習をスタートするかを指定できるのは精神的に楽なところでもあります。

不安なポイント

出張ペーパードライバー教習を実際に申し込みしてみて不安な点もいくつかありました。

● 本当に来るのか?
● 教習で使用する自動車の車種がわからない
● 教習の担当者がどんな人かわからない
騙されているんじゃないかという不安

基本的にネットでの申込みですから、当日本当に来てくれるかどうかも当日になるまで分かりません。

どんな車種どんな人が来るかも分からないという不安があります。

さらには、ホームページの金額は安かったけど、いざ利用してみたら「いろいろと理由を付けられて高くなるのでは?」という不安がありました。

実際問題で、男性である僕ですら、自動車に乗り込んでしばらくは不安でしたから、女性の場合はなおさらで、初対面の相手(おそらくおじさん)といきなり二人きりで自動車に乗り込む(しかも相手の自動車)わけですから、運転以前にその状況が不安だろうと思います。

あと、車種についても「軽自動車なら良いのに」「Vitzとか小さい自動車なら良いのに」などと思うのですが、実際に自動車を見るまでどんな自動車か分かりません。

大抵の場合、一般的なセダンタイプの普通自動車だと思うので、ペーパードライバーにとっては「うわぁ大きい。。。」と思うでしょう。

教習内容の説明

自動車に乗り込めば、教習の目的を説明して、教習内容の説明を受けることになります。

基本的なことはメールなどのやりとりで行ってはいますが、メールの窓口の人と指導員が異なると、要望がきちんと伝わっていないこともあるので、再度確認と説明をした方が良いと思います。

僕の場合、「免許失効のための試験対策」と連絡を受けていたようで、最初から乗れることが前提で、指導が始まってしまいました。

ところが僕のマゴマゴした感じを変に思ったようで「免許失効のための教習ですよね?」と確認してきたので、「ペーパードライバー教習をお願いしたんですけど」と説明すると「あ、なるほど分かりました」という感じで、運転に慣れない人向けの教習に切り替えてくれました。なので事前の摺合せは大切です。

一通りのコースの説明と所要時間の目安、注意するポイントなどについて軽く説明を受けたあと、実際の運転をすることになります。

希望の教習内容やコースについて

基本的な教習内容やコースは、ある程度教習所の方で決めてくれているものだと思いますが、例えばガソリンスタンドでの給油方法や、高速道路の乗り方、駐車の練習など、不安がある部分は相談しておくと。教習内容に組み入れてくれる場合もあるようです。

また、事前に自分の運転歴や現在の状況を説明しておくことで、より希望に添った教習が受けられるのではと思います。

教習

教習はコースをナビしてもらいながら、走行している道路や交通状況に応じてポイントを教えてくれたり、問題がありそうな部分を指摘してくれます。

一通りコースを回れば終了です。
約二時間、休み無く運転することになりますが、あっという間に時間が過ぎていきました。

スタートは自宅近くの駅からでしたが、教習が終わる頃には運転に慣れたこともあり、自宅近辺で教習を終えることにしました。

支払い

支払いは教習所によって、それぞれだと思います。
僕の場合は教習が終わった後に、現金で支払って終了です。心配だった最初に提示された金額からオプション料金のようなものが発生することはありませんでした。

教習所によっては事前にクレジットカード決済ができるところもあると思います。

出張ペーパードライバー教習を受けた感想

出張ペーパードライバー教習を受けた感想

自分では気がついていない運転のポイントを教えてもらえる

出張ペーパードライバー教習を受けて「良かった」というのが素直な感想です。

というのも、やはり車両感覚が全くないこと、確認を必要とする場所の意識が欠如しているなど、自分が忘れてしまっていることが思っている以上にありました。

例えば、信号の変わるタイミングが予測できず(横断歩道の信号を見れば良いのですが、完全に忘れていました)、信号が赤になって焦って急ブレーキを踏んでしまったり、アクセルを踏む力に無駄が多くて加速と原則を繰り返すような不安定な運転をしたり、危険予測ができずに自転車と接触しそうだったり、ペーパードライバー教習を受けずに運転していれば、事故を起こしていてもおかしくない場面がいくつもありました。

「交通量の少ない田舎の道なら運転できる」などという根拠のない自信がありましたが、そんな自信を頼りに運転していたらきっと事故を起こしていたことでしょう。

とにもかくにも、運転をするのに足りない部分が山程みつかりました。

ペーパードライバー教習では、注意できていない部分があると、そのたびに丁寧に指摘してくれたので、教習を終えるころにはいろいろと意識して運転できるようになりました。 

おかげで、自動車運転の自信を取り戻した僕は、教わったことを忘れないうちに、すぐにレンタカーを借りて、郊外の方にドライブに出かけて個人練習をおこないました。結果として、ペーパードライバー教習を受けたことで、無事に自動車運転の感覚を取り戻すことができました。

その後は半年に一度くらいのペースでレンタカーを借りて運転をしていますが、以前のようなペーパードライバーに戻ることもなく、普通に自動車の運転ができています。それもこれもペーパードライバー教習を受けたお陰だと思っています。

普通自動車運転免許取得後の運転経験の有無の差は大きい

ここで忘れてはいけないのは運転免許取得後に自動車の運転の経験が有るかどうかです。

僕の場合、免許を取得してから1年くらいは毎日のように運転をしていました。この経験があるので、少し運転をすれば感覚が戻ってきて普通に運転できるようになります。実際問題で、1時間程度運転した後は安定した運転ができるようになりました。

しかし、免許を取得した後に、自動車の運転が経験がないままペーパードライバーになってしまった人は、元々の運転感覚が未熟なので、運転感覚が戻るというようなこともないと思われます。

自動車教習所でも、完全なペーパードライバー向けの10時間パックなどがあるので、クランクなどの基本的な練習からやり直した方が良いと思います。

まとめ

● ペーパードライバー教習は受けた方が良い
● 免許取得後に運転経験がある人は出張ペーパードライバー教習で十分
運転経験が無い人は教習所での教習が良い

-出来事・事故, 生活

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2021 All Rights Reserved.