室内干しには除湿器とサーキュレーターが最強です

最終更新日:2017/10/08 公開日: 問題解決, 生活 , ,

150406_03

サーキュレーターを使うと室内干しでも洗濯物が臭くならないんです。

梅雨など雨の多い季節でも、毎日の洗濯物がなくなるわけではないので、溜まっていく汚れ物を放置するわけにはゆかず、洗濯機を回して室内干しをしなくてはいけないことも多々あります。

しかし、室内干しは、洗濯物がなかなか乾かず、部屋中に湿気がこもってジメジメしたり、雑菌がわいて洗濯物から嫌なニオイがしたりするので、できるなら避けたいものですよね。

我が家では衣類乾燥機などという贅沢品は持っていないので、天気の悪い日は、除湿器とサーキュレーターを使って室内干しをしています。実際問題で、これがものすごく調子が良いので、雨の日の室内干し対策として、かなりオススメな方法ということで、ちょっと紹介させていただければと思います。

sponsored link

サーキュレーターを愛用しています

150406_01

我が家には3台のサーキュレーターがあります。
二台は部屋の空調のために、空気循環用として使用していて、夏や冬の空調の補助として、ほぼ一年中活躍している我が家では欠かせない電化製品の一つです。

詳しくは下記の記事で確認できます。
VORNADOのサーキュレーター650-JPを買ったお話
VORNADOのサーキュレーター660-JPを買ったお話

サーキュレーターを使うと、部屋の空気を循環させることができるので、部屋の温度差が少なくなり、冷房で足下が冷え過ぎてしまうことも、暖房で頭がボーッとしてしまうこともなくなります。エアコンの利きを強くする必要もなく、節電にもなるという優れものです。

そして我が家では残りの一台を雨の日の洗濯物の室内干しの補助として使用しています。

快適な室内干しをするための対策

150406_02

我が家の部屋干しの設備

・除湿器 1台
・サーキュレーター 1台
・室内用物干し台 1台



除湿器だけでは非力過ぎて乾かない

我が家では除湿器を室内干しの際に使用していますが、除湿器だけでは、風量が弱く非力なため、そう簡単に洗濯物は乾いたりはしてくれません。

特に洗濯物の量が多い時などは、一日中干していても生乾きになってしまって乾かず、雑菌のせいでせっかく洗った洗濯物から嫌なニオイがしてしまうなんてことも、室内干しによくあるパターンかと思います。

そもそも外が雨降りな時には、室内の湿気も当然高いわけで、そこに濡れた衣類を部屋に干せば、部屋の湿度はさらに高くなりますから、小さな除湿器だけで乾燥させようと思っても無理があるのは当然のことだと思います。

実際問題で、衣類乾燥モードなどの強力なモードがあるにはあるのですが、有効なのは少数の洗濯物の時だけで、大量の場合には全く歯が立ちません。

室内干しの洗濯物が乾かない理由

どうして室内干しをすると洗濯物がなかなか乾かないのでしょうか?

原因は湿度や気温など、いろいろとあるとは思いますが、一番大きな要因として考えられるのが「風」。

洗濯物が乾くスピードに最も影響を与えるのが「風」で、洗濯物の表面を空気が流れる際に洗濯物の水分を奪うために洗濯物が早く乾くのだそうです。

ところが、部屋の中では外とは違い、通常は風は流れませんから、外に比べて洗濯物が乾きづらいというわけです。

そこで人工的に室内に空気の流れを発生させる為に登場となるのがサーキュレーターです。サーキュレーターを使えば、室内でも空気の流れを発生させることができ、洗濯物が早く乾くようになるのです。




サーキュレーターを使うメリット

150406_04

室内干しの洗濯物が乾くのが早い

サーキュレーターを室内干しで使うと、洗濯物の乾きが断然早くなります。

サーキュレーターと除湿器を同時に使う時のポイントとしては、サーキュレーターを直接衣類に向けて使用するのではなく、いつもと同じような使い方で、部屋全体の空気を循環させるような位置で使用した方が、洗濯物が全体的に早く乾くような気がします。

部屋一杯の洗濯物でも、5〜6時間程度で完全に乾いてしまうため、室内干しをした時の嫌なニオイが出るようなことがありません。気温の低い冬場でも、湿気の多い梅雨時でも、外に干したかのようなスピードで洗濯物が乾くのです。

部屋全体がカラッとする

洗濯物を部屋に干すと、部屋全体を加湿をしているような状態になりますから、当然、部屋の湿度が異常に高くなります。空気の乾燥している冬でもしっとり湿ったように感じるほどなので、梅雨時などは水滴が見えそうなくらいの高い湿度になります。

こんな時に除湿器を使用してみても、部屋全体に風が行き渡らず、湿気溜まりが残ってしまい、部屋の隅などはジメジメした感じがしてしまうものです。そこで、サーキュレーターを除湿器に併せてを使うと、部屋全体の空気が循環して湿度が低くなるため、カラッとして不快さがなくなるのです。

室内干しとサーキュレーターまとめ

150406_05
最初は「必要ないかな〜」などと思いながら購入してみたサーキュレーターでしたが、使ってみればその快適さに、今では手放せないものになりました。

そんなこんなで現在は三台のサーキュレーターを所有して、一台は室内干し専用に使用しているわけですが、サーキュレーターを使えば、室内干しでも快適に乾くため、雨の日が続いたりするような日でも、躊躇なく洗濯できるようになりました。

サーキュレーターのお陰で、天気が悪い日の洗濯のストレスが一気に解消され、雨が降る度に「良い買い物をしたなぁ」とつくづく思ったりします。また、絨毯のような厚手のものや、布団カバーなどでも余裕で乾かすことができるので非常に重宝しています。

その他の室内干しの対策としては、空気が流れやすいように洗濯物と洗濯物をできるだけ離したり、乾いたものから順次取り込んだりすることで、より効率的に乾燥がさせることができると思います。

室内干しでストレスを感じている方や、サーキュレーターに興味のある人には、特におすすめしたい室内干しの際のサーキュレーターの活用方法のご紹介でした。

最後のVornadoのサーキュレーターってマジすげえ!ってなる動画をご紹介。
トルネード式の風なので風船が落ちないんですよ!

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ
  • ちゃんとしたブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

PAGE TOP ↑