いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

おもちゃ 子育て

ダイヤペットのアンパンマン列車を買いました

更新日:

ダイヤペットのアンパンマン列車

ミニカーなどを作っている株式会社アガツマというメーカーがあります。アガツマが販売しているダイカストのダイアペットシリーズの中の一つにアンパンマン列車があります。

そんなアンパンマン列車のダイカストがおもちゃ売り場に置かれているのを発見。3歳の息子はアンパンマンが大好きなのでアガツマのアンパンマン列車を見て一目惚れしまいました。その後はその場からじっと離れず、どうしても欲しいようなので買ってあげた次第です。

家に帰って開封してみたところ、子供のおもちゃにしては意外としっかりと作り込まれたおもちゃだったので紹介したいと思います。

ダイヤペットのアンパンマン列車

アンパンマン列車のダイカスト

ダイヤペットのアンパンマン列車

「これ買って」とアンパンマン列車を手渡して来た息子に「良いよ」と何気なく答えたもののその価格を見て驚いてしましました。思っていたよりも高かったからです。

ミニカーと比べれば大きさは3倍ほどあるのでしょうがないとは思いますが店頭価格は1800円。3歳の子供に買い与えるおもちゃとしてはちょっと贅沢な気がして躊躇してしまいましたが、あまりに欲しがる姿を見てしょうがないなと奮発して買ってあげました。

アンパンマン列車を手にしてみると、ずっしりと重みがあり意外と細部までしっかりと再現されていて大人でもちょっと嬉しくなってしまう出来栄えなのでその価格も納得です。

ダイヤペットのアンパンマン列車

ダイヤペットのアンパンマン列車の側面です。
実際のアンパンマン列車の図柄をきちんと再現しています。

ダイヤペットのアンパンマン列車

ダイヤペットのアンパンマン列車の天面です。天面もきちんと表現されています。ミニカーよりも大きいので細かい部分の表現がしやすいのかもしれませんが、なかなか良い出来栄えです。

箱の方も普段は見えない底面に線路が描かれているなど、細かい部分にもこだわってデザイン&製造している姿勢が見えて良いですね。

ダイヤペットのアンパンマン列車

ダイヤペットのアンパンマン列車の右振り。
ワイパーもちゃんと表現されていて子供のおもちゃとして考えると十分すぎるほどディテールまで再現されています。

ダイヤペットのアンパンマン列車

ダイヤペットのアンパンマン列車の左振り。
右振りと同じ図柄です。

ダイヤペットのアンパンマン列車

ダイヤペットのアンパンマン列車のお尻です。
連結部分の窓もちゃんと再現されています。もう一台車両を購入すれば連結できるようにもなっています。

ダイヤペットのアンパンマン列車

ダイヤペットのアンパンマン列車の斜め上から。
下手くそな写真で申し訳ないですが、かなり素敵です。

ダイヤペットのアンパンマン列車はシリーズ化されている

ダイヤペットのアンパンマン列車

イヤペットのアンパンマン列車は実際に走っているアンパンマン列車と同じ図柄のモデルでシリーズ化されています。

あまりに良くできていて素敵だったので後から買い足して2台になりました。

列車のそばに置いてあるアンパンマンの人形はおまけで付属しています。

ダイヤペットのアンパンマン列車

連結部に連結してみました。
理想はやはり同じ図柄で2台づつ購入して連結させるのが良いと思います。

音の出る絵本と併せると臨場感抜群です

ダイヤペットのアンパンマン列車

音の出る本シリーズのアンパンマン列車があると車両の音や発車ベルなどが再現できてより気分が出ます。子どもへのプレゼントとしてセットで購入してあげるとかなり素敵ですね!

150218_13

・・・と思ったら、よく一緒に購入されているアイテムとしてセットが出来上がっていました。
みなさん考えることは同じですね!
個人的にもこの3点セットはおすすめです。

ダイヤペットのアンパンマン列車まとめ

子供のおもちゃと考えれば少々高い買い物かなと思いましたが、息子はアンパンマンやミニカー、そして列車も大好きなので、あるいみどストライクなおもちゃという事で買ってあげて良かったと思います。アンパンマン列車を手にした息子は今までにないくらい大喜びでした。

すぐにおもちゃに飽きてしまう息子も大切にして長く遊んでくれそうですし、アンパンマン列車自体しっかりと作り込まれているので、もしも飽きてしまっても、置物としてもなかなか良い感じで活躍してくれそうです。

ちなみに空港のショップでは1800円+消費税の定価で販売されていましたが、Amazonなどではかなり割引されて販売されていますし、全種類が揃えられるのでネットでの購入がおすすめです。

-おもちゃ, 子育て
-, ,

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.