いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

旅行 生活

高知県室戸市のドルフィンセンターはイルカと触れ合えるおすすめスポット!

更新日:

高知県室戸市の室戸ドルフィンセンター

世界ジオパークに認定された室戸世界ジオパークに行ったついでに近くにある室戸ドルフィンセンターへ立ち寄ってみたら、室戸ドルフィンセンターの方が楽しくて、イルカと遊ぶ方がメインになってしまったというお話です。

室戸ドルフィンセンター

室戸ドルフィンセンター

イルカと遊べる穴場スポット

室戸ドルフィンセンターは室戸岬からほど近い海の駅とろむの一角にあります。外観はとても小さいのでイルカが居るようには思えなかったり、国道からは少し離れているので意外と穴場スポットになっているかもしれません。

ドルフィンセンターという名前の通り、純粋にイルカだけのための施設です。

夏休み中などはとても賑わうそうですが、2月のオフシーズンの平日に訪れたせいか全く混雑している様子はありませんでした。

イルカとの距離がありえないほど近い

イルカとの距離がありえないほど近い

受付で入場料を支払って5メートルほど奥にある扉を抜けると、すぐに青いプールがあります。

普通のプールかな・・・と思いきや、プールの中にイルカが!

あまりの近さに「こんなに近づいても良いのか!?」とビックリしてしまうほど。想像していたよりも遥かに近くでイルカを見ることができます。

都会の水族館では考えられませんが、イルカの目の前まで近寄ることができます。イルカの方も人を見つけると近づいてきてくれてサービス精神が旺盛です。

ちなみに、あまりに近いと触りたくなってしまうのが人情ですが、急に手を出したりするとイルカもビックリしてしまって噛み付いたりすることもあるようですので、調教師さんの指示に従いましょう。

水遊びするイルカ

油断してイルカに近づくと・・・バシャン!
人に水をかけて驚かせて楽しんでいます(笑)

ブイで遊ぶイルカ

ブイを咥えて泳いで来たかと思うと

ブイを投げるイルカ
自分で放り上げて遊ぶ姿を見せてくれます。

ブイをキャッチするイルカ

ナイスキャッチ!

これはイルカに芸を仕込んだわけではなく、調教師さんが「浮き具でも遊べるんだよ」ということをイルカに教えてあげると、イルカが学習して遊んでいるのだそうです。

しかし、望遠レンズでもないのに、こんなにアップでイルカの写真が撮れてしまうのです。近い!

先着順ですがイルカにタッチできるドルフィンタッチという有料サービスもあります。

イルカと一緒に泳げるドルフィンスイム

イルカと一緒に泳げる

プールの一段下にはイルカのトレーニングをするための場所があり、ジャンプの練習や、人と一緒に泳ぐ練習がされていました。

トレーナー体験やイルカと漆書に泳ぐドルフィンスイムを体験できます。

イルカのジャンプ

イルカのジャンプも間近で見ることができます。なかなか迫力があります。

イルカ

貸切状態ということもあって、かなりイルカを満喫することができました。

室戸ドルフィンセンターまとめ

室戸ドルフィンセンターはイルカの保護施設的な役割もあるような施設なのでイルカがジャンプする姿を見せてくれたり、追加料金でタッチできたりする他は、いわゆる水族館でよくあるイルカショーのようなエンターテイメント性の強い見せ物はありませんが、何よりもイルカとの距離の近さが最大の魅力だと思います。

今までいくつかの水族館でイルカを見てきましたが、ここまで近くでイルカを見られる施設はなかなかないのではと思います。

室戸岬まで訪れたら、室戸ドルフィンセンターは必ず寄りたいナイスな穴場スポットですね。ちなみに、ハイシーズンの夏の土日あたりは、それなりに人が居るようです。

室戸ドルフィンセンターの情報

アクセス・コンタクト

室戸ドルフィンセンター
● 運営:NPO法人室戸ドルフィンプロジェクト
● 住所:〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810-162
● 電話:0887-22-1245

営業時間

営業時間:10時から16時まで
● ※夏季営業時間
● (7月20日~8月31日、7月・9月の土日祝日の9時30分〜17時30分まで
● 休館日:年中無休 ※天候やイルカの体調により休園になることがあります。

サービス内容

ドルフィンスイム

ウェットスーツを着用しているかと一緒に泳ぐことができます。
トレーナーが一緒なので安心。

対象は小学生以上(身長110cm以上)
所要時間 40分
開始30分前までに集合
水着とタオルは要準備

ドルフィンタッチ

イルカにタッチできます。
水槽の中を泳ぐイルカが触れる距離まで泳いできてくれます。

対象は5歳以上 (身長110cm以上)
所要時間 20分
開始20分前までに集合

ふれあい体験

ゴム長を着て腰まで水に浸かった状態でイルカと触れ合うことができます。

対象は小学生以上(身長110cm以上)
所要時間 40分
開始30分前までに集合

トレーナー体験

イルカのトレーナーの体験ができます。
イルカに指示を出してジャンプさせたり、餌を与えたりができます。

対象は5歳以上
所要時間 15分
開始15分前までに集合

料金

● 料金:
大人 435円/子ども 325円 ※4歳未満は無料
● ドルフィンタッチ:
大人 760円/子ども 650円 ※4歳未満 325円
● トレーナー体験:
大人(中学生以上) 2,160円 / 子ども(5歳以上) 2,160円
● ドルフィンスイム:
大人 8,640円(中学生以上) / 子ども 5,400円(小学生以上)
冬季料金(11月〜2月末日迄)大人6,480円 / 子ども 4,320円

室戸ドルフィンセンター関連リンク

室戸ドルフィンセンター
海の駅とろむ
室戸市観光協会

室戸ドルフィンセンター近隣の施設

室戸ドルフィンセンターは高知県の東武の室戸岬のすぐ近くにありますが、中心部からは自動車で約1時間30分ほど離れた場所にあります。

施設自体も大きくはないので、室戸ドルフィンセンターだけを目的にして訪れるには少し勿体ない気がしますので、室戸岬近隣の施設を紹介しておきます。

ジオパークと室戸世界ジオパーク

室戸世界ジオパーク

ジオパークとは

室戸ドルフィンセンターの辺り一帯は室戸世界ジオパークと呼ばれる地域で多くの人が訪れる観光名所でもあります。

ジオパークとは地球に親しみ、地球を学ぶ旅を楽しむ場所で、ヨーロッパと中国を中心にして、世界ジオパークネットワークがあり100以上の地域があるそうです。世界遺産の別バージョン、みたいなものと言えばよいのかも知れません。

とにもかくにも素晴らしい場所ですよということで、室戸世界ジオパークは2011年に世界ジオパークの認定を受けた地域であります。高知県の東側の岬でもあり、海風を浴びながら、海岸沿いの細い道を歩いて散策出来る国定公園です。

僕が訪れたのは2月の寒い時期でしたが、5月〜9月あたりの気候の良い時期だと、海風も気持ち良く、海岸沿いを散策できるかなり楽しい場所なのではないかと思います。

ジオパークと室戸世界ジオパーク

インは海岸沿いのウォークになると思いますが、展望台まで登ってのパノラマな海の景色も圧巻なので、時間に余裕があれば登ってみるのをお勧めします。

中岡慎太郎像

中岡慎太郎像
展望台の下には、坂本龍馬とともに暗殺された中岡慎太郎の銅像があります。

坂本竜馬像と中岡慎太郎像はお互いに見つめ合っているように建てられているという噂があり、僕も小さい頃に父親からそう教えられました。しかし実際はぜんぜん違う方向をみているそうです。でもまぁ見つめ合っていることにしたほうがロマンがあるので、僕も息子には見つめ合っているよと教えています。

恋人の聖地

恋人の聖地

展望台の上には恋人の聖地のプレートが設置されています。

恋人の聖地とは、特定非営利活動法人地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」により選定されたデートスポットだそうです。

むろと廃校水族館

むろと廃校水族館

室戸岬を回って徳島側に抜けた場所には、むろと廃校水族館という小さな水族館があります。

その名前の通りで、元々は小学校(椎名小学校)の校舎を利用して水族館として再利用した施設です。漁師町ということもあり、地元の漁師さんたちが漁で捕まえた魚などをメインに展示している水族館で、全国で社会問題化している廃校施設の有効活用の例として注目されている水族館でもあります。

むろと廃校水族館

基本的には地元で見られる魚がメインなので、一般的な水族館と比べると魚の種類などは限られていますが、学校施設の雰囲気がそのまま残された水族館はノスタルジーな気分にもさせてくれる素敵な水族館です。

カサゴ
25メートルプールで泳ぐウミガメ

うつぼ
大きな水槽で泳ぐエイ

マンタ
かわいいハリセンボン

ウミガメ
トゲトゲのカサゴ

室戸ドルフィンセンターからは自動車で15分ほどの場所なので、ついでに立ち寄るには丁度よいと思います。

登校・下校時間

● 4月〜9月 9:00~18:00
● 10月〜3月 9:00~17:00

入館料

● 大人(高校生以上) 600円
● 子供(小・中学生) 300円
※未就学児は無料
※室戸市民は割引あり

住所

〒781-7101
高知県室戸市室戸岬町533-2

関連リンク

室戸ドルフィンセンター

室戸世界ジオパーク
日本ジオパークネットワーク

室戸ドルフィンセンターや室戸ジオパークは高知に着たら是非訪れたい場所なので機会があれば立ち寄ってみてください。

-旅行, 生活
-, ,

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.