いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

修理・故障 生活

携帯の電池パックが膨らんでいたので不安になって調べた事

更新日:

ガラケー用の電池パック(バッテリーパック)を予備としていくつか保有しています。用事があって取り出してみたところ、いくつかの電池パックがパンパンに膨らんでいました。

バッテリーパックがパンパンに膨らんでいました

膨らんだ電池パックと、通常の電池パック。

いつから膨らんでいたのか知りませんが、電池の異常事態であるのは間違いありません。そのまま保有しているのも不安な為、なぜ電池パックが膨らむのか、そして膨らんだ電池パックの処分方法などを調べてみました。

膨らんだ電池パックは安全か?

電池パックが膨らむと爆発しそうで怖いので調べていたところ、電池パックが膨らんでも特に危険ではないようです。

膨らむと「次は爆発か・・・!」と不安になりますが、単純に電池の寿命と考えるのが良いようです。

以下、携帯電話会社のページより引用

携帯電話の電池パックが膨らむ事象について、複数のお問い合わせをお受けしておりますが、この事象はリチウムイオン電池の特性として、充放電の繰り返し、高温環境下におけるご利用によって電池の劣化が進む過程で生じるものであり、正しくご使用される限り、電池パックが膨らむことによる異常な発熱、および破裂など安全上の恐れはございません
引用元:ソフトバンク 携帯電話の電池パックに関するお知らせ

電池パックは消耗にともない膨らむ場合があります。これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません。
引用元:ドコモ 電池パックが膨らんでいる

とりあえず、携帯電話の電池パックが膨張しても安全、ということが分かって一安心です。

電池パックの処分について

電池パックが膨らんでも特に危険はないことが判り一安心ですが、電池の寿命ということでもう使用できません。なので処分してしまいたいわけですが、不燃ごみなどでは捨てられないだろうなということは考えれば判ります。しかしどのように電池パックを処分したら良いのか分からなかったので調べてみました。

電池パックは、携帯電話ショップなどで回収してくれるようです。ブランド・メーカー問わず回収してくれているようで費用もかからないようです。

回収に関するよくあるお問い合わせ(NTT docomo)
3R(リデュース・リユース・リサイクル)活動(ソフトバンク)
リサイクルへの取り組み(au)

というわけで、近くの携帯ショップへ持参して処分する事にしました。

ちなみに、やってはいけないのが、通常のゴミの感覚で不燃ゴミや乾電池などと一緒に出したりすることです。火災の恐れ等があるため絶対にNGです。

電池パックを長持ちさせるには?

リチウムイオン電池パックは、使用方法によって寿命が変わるそうです。できるだけリチウムイオン電池を長持ちさせるためのポイントを以下にまとめました。

バッテリー残量が少なくなってから充電する

頻繁に充電するのではなく、バッテリー残量が30%あたりで充電するのが良いです。バッテリー残量が多い状態での充電はバッテリーの寿命を縮める行為です。

逆に充電が全く無い0%の状態も良くない状態なので、バッテリーが完全に切れる前に充電をすることも大切です。

バッテリーは涼しい状態を保つ

バッテリーを保管する場所は、日光の当たるような暖かい場所を避けて、涼しい場所での保管が基本です。熱が高い状態だと劣化が早まります。

充電中はバッテリーが熱を持ちますが、その熱もバッテリーにとっては良くないので、充電が完了したら、速やかに充電器から外す、というのもバッテリーを長持ちさせる上では大切なポイントです。

リチウムイオン電池と言えば最近は乾電池タイプをよく使用しています。基本的には携帯の電池パックと同じなので充電方法などは気をつけようと思います。

-修理・故障, 生活
-

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.