いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

出来事 生活

東京防災の黄色い防災ブックがヤフオクに溢れている

更新日:

東京防災ブックが届いた

151011_01

東京防災ブックは東京都からの配布物

2015年の9月のある日、ポストを覗くと、A6サイズの黄色いボックスがポストの中にありました。

ボックスには黒字で「東京防災」と書かれ、赤字で「東京都オリジナル防災ブック、防災MAP在中」と書いてあるので、東京都が防災啓蒙の一環で発行したものだということはすぐに分かりました。

東京防災ブックは地区ごとに違う

この防災ブックは居住地ごとに内容(恐らくマップ)が違うようで、◯◯市、とか◯◯区などと、地区によって別のものが配布されているようです。

災害に備えるために啓蒙活動をするということは非常に大切なことだと思いますし、有り難いお話であはるのですが、受け取った当初の感想は「無駄にお金掛けて作ってるなぁ」とというものでした。今までイメージしていた公共の配布物としてはかなりしっかりした装丁とデザインだったので珍しいなと感じたのです。それなりにしっかりとした装丁なので、地区ごとにコンプリートしたい人とか居るかもな・・.などと思ったりしたのでした。

東京防災ブック意外と立派な装丁

151011_02

無料で配布される本の割には、厚みもあるしっかりとした装丁で、書店で販売されていても不思議ではありません。

そのせいで、私のような貧乏人は「開けてしまうのが勿体ない」と思えるほど。そして「未開封のものをコンプリートしたい」と考える人も居るのではないかと思ったわけです。欲しい人が居るということであればそれを売りさばきたい人も居るはずで、素人が気軽にモノを売るのであればヤフオクやメルカリが思い浮かびます。

東京防災ブック
裏面。

東京防災ブック
内容物

ヤフオクに溢れる東京防災ブック

ヤフオクに溢れる東京防災ブック

ふと気になったのでヤフオクで検索してみると、やはりズラズラと・・・

当然のように高値にはなりませんが、入札されているものもチラホラあるようでした。このような本を未開封で転売することは、本来の配布目的からすると全く無意味なことに使われてしまっていて非常に残念な現実なわけですが、勝手に送りつけて来る以上、こういった問題が出てしまうのは予想出来ることですし仕方ないことなのかもしれません。

インターネットでも公開中

僕のように勿体なくて開封出来ない人や、地方に住んでいて見れない人の為に、ネットでも公開されています。だったらわざ書籍にする必要も無いのにと思うのですが、行政は無駄遣いも必要なのかもしれません。調べてみると20億円も遣ったそうです。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/index.html

海外メディアでも取り上げられる

この、防災のために無料で配布した防災ブックが、ヤフオクで取引されている出来事をBBCが取り上げています。お恥ずかしいお話です。

Japan: Citizens clamour for Tokyo disaster manual

まとめ

こうした防災ブックなどが一生使われずに無駄になるような状態がベストなのでしょうが、災害の多い日本ではまずありえません。いつ度のタイミングで被災しても良いように、備えあれば憂い無しでしっかりと読んで、いざという時に知識が活きればコスト以上の効果が得られるものかと思います。

実際に目を通してみると、防災だけでなくキャンプ生活や遭難した時にも役立ちそうな豆知識的なお役立ち上毛もチラホラで一読の価値アリです!

ちなみに、我が家での災害に備えた準備と言えば、ミネラルウォーターとティッシュとウェットティッシュ、それからオムツは、常に余分を確保しています。

-出来事, 生活

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.