いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

生活

おみくじの順番とおみくじを結ぶ理由

更新日:

おみくじの順番とおみくじを結ぶ理由

初詣などで神社に行くと、必ず「おみくじ」買うのが一つのイベントになっています。

ただの印刷された紙が100円と思うとボッタクリ価格も良いところですが、大吉が出たりすると、それだけで気分がよくなれるわけで、100円でここまで良い気分になれるものは世の中にそうそう無いと思うのですよね。

しかしながら、おみくじファンでありながら大吉と凶以外の順位が良く解っていません。
吉と中吉を比べてどっちが良いのか?とか、何を基準に木に結べば良いのかなど、曖昧なことが多かったので、今回改めて、おみくじの順位などを調べてみることにしました。

おみくじの順番

おみくじの順番

おみくじの基本的な順位

大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶

出典は神社本庁のページ記載の情報なので間違いないと思います。

おみくじの順位は神社によってもまちまち

おみくじの順位は基本的には上記で間違いないと思いますが、神社によってはアレンジを効かせて大凶などがあったリもするようです。

おみくじを結ぶのは何故?どんな時に結べば良い?

おみくじを結ぶのは何故?

せっかく引いたおみくじですが、神社の境内の木などには、おみくじが結ばれていたりします。

一体、何を基準に持ち帰ったり、木に結びつけて帰れば良いのでしょうか?

調べてみると素敵な答えが見つかったので、下記に引用させていただきます。

神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。
神社本庁/おみくじについて

その年の指針を与えてくれるものですから、財布や定期入れなどに大切に保管して、度々読み直して参考にするべきものなのです。

もちろん吉凶に関係ありません。吉と出ていても御神籤に書かれていることを守らねば凶に転じますし、凶と出ていても注意事項に気をつけていれば災い転じて福となすこともあるのです。

ところが一般には、ざっと目を通した後は境内の木々の枝に結んでおしまいです。これは明らかに間違っています。なぜ、このような方法が一般に広まったのかというと、枝に「結ぶ」ことにより、「産土神(むすびのかみ)」のちからを得て、吉であれば成就させ、凶であれば祓ってしまおうという民間信仰によるようです。御神籤がご託宣であるということを忘れてしまった結果なのでしょう。
辛國神社/御神籤について

「凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば、困難な行い=修行をしたことになり、凶が吉に転じる」という言い伝えがあります。このためあまり良くなかったおみくじは境内の「みくじ掛」などに結ばれていく方がいます。 よい結果のおみくじは自宅に持ち帰る方も多くいらっしゃいます。
おみくじ雑学/寒川神社

大吉であっても浮かれずに精進するようにとか、凶でも用心して誠実にすれば神様のご加護がある、といった人生の大切な導きなのです。いたずらに喜んだり失望することではなく、その導きを守ることが大切です。このようなことから、持ち帰り時々読み返すことが良いようです。
おみくじの内容や運勢を神に託すという意味で境内の樹木に結ぶことが行われてきました。
石川県神社庁/おみくじの扱いはどのようにすれば良いのですか?

つまりは、おみくじに書かれている言葉を大切にして、時々見返して、自分自身の行動を省みたりするために利用したりするのが良いようで、書かれている内容の善し悪しに関わらず持ち帰って良いというわけです。

一般的には、悪い事が書かれていると結んで帰り、良い事が書かれていると持ち帰ったりするような感じですが、確かに神社のサイトで書かれていることの方が理にかなっているというか、説得力があるように思います。

僕の今年の、おみくじは中吉だったので、思わず結びつけて帰って来てしまいましたが、今後は内容に関わらず自分自身を良い方向に向かわせる為の有り難い言葉として大切にしたいと思います。

おみくじ関連参考サイト

おみくじ関連参考サイ
おみくじについて(神社本庁)
御神籤 (おみくじ)について(辛國神社)
おみくじ雑学(寒川神社)

おみくじが引けるサイト

愛宕神社(東京都)

-生活
-,

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2018 All Rights Reserved.