いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

生活 衣類・靴

男性用の大人向け雨靴(レインシューズ)を買う

投稿日:

男性用の大人向け雨靴(レインシューズ)を買う

雨の日はジメジメしたり電車が混んで遅れたりするので嫌いです。強い雨が降った時には足元もビチャビチャになり、一日不快な思いをして過ごさなくてはいけなくなるのも嫌いです。

雨降りで足元が濡れて不快な思いはもうしたくないと思い、社会人になってから初めて雨靴を買ってみました。なかなか良いレインシューズに出会えたので紹介したいと思います。

大人になると長靴を履かない

大人になると長靴を履く人は少数派

雨の日のための靴と言えば長靴です。子供の頃は雨が降れば長靴を履いていましたが、制服などのせいでしょうか、中学生になった頃から長靴というものを履かなくなりました。

そんな流れの中で雨の日でも普通の靴を履くということが当たり前になってしまっていて社会人になってからも長靴や雨靴を購入したことはなく、雨が降る時は雨の日用に少し履きつぶしてボロくなった靴を履くなどして対策をするくらいでした。

雨の日に駅で電車に乗る人を観察してみても、サラリーマンの方はスーツで革靴を履いている人が多いですし、女の人もパンプスやハイヒール、スニーカーを履いている人が多いです。

もちろんAIGLEなどのオシャレな長靴を履いている人も居ますが、全体から言えば長靴を履くような人は少数かと思います。

雨の日対策していること

一般的に雨靴意外の雨の日の対策は、ビジネスマンなどであれば、水に濡れても影響の少ない合皮の革靴にしたり、防水スプレーで水を弾くようにするなどになるかと思います。

僕自身は濡れても大丈夫なような履きふるした靴を雨の日に履いたりしますが、すぐに水が染みてしまうなどでストレスの多く、雨の日の靴をどうにかしたいと悩まされていました。

そこで、やはり雨靴は必要だろうと考え、レインシューズを探すことにしたのでした。

大人の男性用のカジュアルな雨靴(レインシューズ)

普通の靴のようなカジュアルな雨靴が欲しい

雨の日に履く靴がなくて頭を悩ませたり、靴がビチャビチャ濡れるようなストレスをなくしたいと思ったので、雨靴を購入することにしました。

かと言って、長靴のようないかにも雨の日用の靴ではなく、もう少しカジュアルな、そして大人の男性が履いても違和感のない雨靴が欲しいと考えました。

なにせ大人になってから初めて雨靴というものを探すというのが初めてでしたから、そんな都合の良い雨靴があるのかどうか、というところです。

カジュアルな雨靴はありました

大人の男性でも履けるカジュアルな雨靴を探してみたら、、、、ありました。

当たり前ですね。

一般的なシューズメーカーでも雨の日用のレインスニーカーなどもありますし雨靴ばかり作っているメーカーなども見つかりました。ざっと調べただけでも下記の様なレインシューズを作るメーカーが見つかりました。

ダナー
CHILL
HUNTER(ハンター)
meduce(メデュース)

いろいろとあるものですね。

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズ

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズ

いろいろと雨靴の選択肢が見つかった中で、最終的に購入したのはPALLADIUM(パラディウム)と呼ばれるメーカーのPUMPA PUDDLE LITE WP+というレインシューズです。

PALLADIUM(パラディウム)はフランス軍用のブーツを手掛けていたフランすのメーカーで、タフな環境にも耐えられる品質と、ミリタリーテイストなデザインが人気のシューズメーカーだそうです。

ハイカットでミリタリーテイストなレインシューズ

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズ

正直なところメーカーに関してはよく知りませんでしたが、カジュアルでミリタリーテイストなデザインが購入の決め手でした。元々ブーツ好きな僕にとってはドンピシャな感じで一発で気に入ってしまったのでした。

ハイカットのスニーカーのようなレインシューズ

ハイカットのスニカーのようなデザインなので、激しい雨の日でもズボンの裾を濡らさなくても済むかもしれません。

僕はスニーカーを買う時も基本的にはハイカットを選ぶのでPALLADIUM(パラディウム)のレインシューズは探していた雨靴そのものという感じでした。

撥水性の高い生地

撥水性の高い生地

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズの生地には撥水性の高い生地が使用されています。雨水だけでなく、汚れなども付きにくそうな感じです。靴紐も同じ生地で出来ているので靴紐から水が染み込みという心配もなさそうです。

とは言いつつも、この手の生地は使用しているうちにくたびれてきて水が染み込みようになるので、使用前には防水スプレーなどを吹き付けておいた方が良いかと思います。

ちなみに防水スプレーはニュースにもなりましたが、室内で使用すると危険です。吸い込んでしまった防水スプレーの成分が肺まで防水してしまうとのことで、酸素を取り込めなくなってしまい、最悪の場合は呼吸ができなくて死んでしまうこともあるようです。

防水スプレーを使用する際には屋外で使用するようにしましょう。

靴底もしっかりウォータープルーフ

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズ

靴底や水が染み込みやすい接合部もしっかりとゴム素材で防水処理がされているので、多少の水たまりに足を突っ込んだとしても全く問題なさそうです。

アウトドアブーツとしても使用できる感じですね。

靴紐が付属

オリジナルで使用されている靴紐はカモフラージュのような柄が入ったものですが、無地の靴紐も付属しています。こちらも同じく撥水性の高い生地が使用されています。

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズを履いてみた

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズを履いてみた

激しい雨でも問題無し

PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズを買ったのが梅雨時ということもあり、さっそく雨が降ったので履いてみました。

それなりに激しい雨が降っていましたが、全く中に水がしみるということもありませんでしたし、水たまりを歩いても大丈夫でした。レインシューズなので当然と言えば当然ですが、基本的な目的が達成できることがまずは一番大切ですね。

抜群のフィット感

海外製のブーツタイプの靴を履くと、最初はなかなかフィットしなくて靴ずれなどに悩まされることが多いのですが、PALLADIUM(パラディウム)のレインシューズは最初からかなりのフィット感で非常に履き心地が良かったです。

また、海外メーカーだとサイズ選びが難しいのですが、数値通りのサイズを選べば丁度のサイズという感じです。

そんなわけでスニーカーでもなかなか無いくらいのフィット感で初日に丸一日履きましたが全く靴ずれすることもなく、まるで履き慣れた靴のような抜群のフィット感でした。

大満足のレインシューズ

大人になって初めて購入した雨靴ですが、デザイン良し、機能良し、フィット感良しでPALLADIUM(パラディウム)のレインシューズを購入して大変満足な結果となりました。

これで雨が降っても足元がビチャビチャでストレスを感じることもなくなりそうです。僕のこれからの人生で雨靴と言えばPALLADIUM(パラディウム)のレインシューズで決まりな感じです。

今回購入したレインシューズは黒でしたが、もっとカラフルでカジュアルなデザインのものもありますので、下記リンクで確認してください。なかなか素敵です。

-生活, 衣類・靴

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.