仮眠をとって日々の不足した睡眠時間を補う方法

最終更新日:2017/09/03 公開日: 生活

仮眠をとって日々の不足した睡眠時間を補う方法

日々睡眠不足です。
よく眠れないわけではないのですが、やりたいことをいろいろやろうとすると必然的に犠牲になるのは睡眠時間でして、毎日の睡眠時間が短くて常に睡眠不足というわけです。

まとまった睡眠時間が取れるのは4〜5時間。
人よりも睡眠時間が少なくてもなんとななるタイプではありますが、それで6時間〜7時間寝れば本当はいろいろと調子が良いわけで、足りない睡眠時間を補う為にしている仮眠についてまとめてみたいと思います。




日常生活で仮眠できるチャンスを活かす

夜に眠る時間が無ければ、日々の生活の中で仮眠できる時間を探して睡眠時間を取るようすれば良いでしょう。

まとまった睡眠時間がとれなくても、10分〜30分程度でも眠れる時間が確保出来るだけでも随分と変わります。

そんなわけで、日常生活で仮眠をとれる時間と場所について考えてまとめてみます。

電車の中で寝る

通勤時間で寝るというのは、始発駅にでも住まない限りはなかなか思い通りに出来るものではありませんが、最高の仮眠タイムの1つではないかと思います。

例えば僕の通勤時間は約1時間。
そのうち電車に乗っている時間は約40分です。
運良く座れるとかなりまとまった睡眠時間が確保できることになります。

電車の中では読書などいろいろとやりたいことはありますが、僕の場合は座ることが出来れば必ず睡眠時間に充てるようにしています。

休憩時間で寝る

仕事中に眠る訳にはいかないですから休憩時間に眠るようにしています。

ランチはそんなにしっかりと食べなくても平気なので、軽く済ませて会社近くの公園のベンチで仮眠を取るようにしています。

寝過ごしは禁物ですからスマートフォンなどでタイマーセットをすることで時間を気にせずに仮眠を取ることに集中できるようになります。

15分〜20分程度は睡眠時間を確保できるようになります。

帰宅してから寝る

本格的な睡眠の前の仮眠です。
30分程度の仮眠ですがこの時点で仮眠出来ると、夜中の遅い時間まで何かやっていても翌朝はあまり辛くありません。

気をつけたいのは布団やベッド、ソファーなどの寝心地の良い場所での仮眠は避けること。
一度寝てしまうと、目が覚めても、いろいろと面倒になってしまい「明日でいいや」となってしまいます。よほど鉄の意志がない限り、寝床から抜け出せなくなって仮眠のつもりが本睡眠になってしまうのです。

なので、家で仮眠する際にはフローリングや背もたれイスの上など、あまり眠るには心地良過ぎることのない場所で眠るのが良いと思います。そのような場所であれば、仮眠からの脱出に失敗するリスクを減らせます。

それでも眠くなったら?

無理に睡眠時間を確保しなくても4時間程度でも睡眠時間を取ることができれば、眠いなりにもなんとか日常生活を送ることはできると思います。

しかしながら、時としてものすごい睡魔に襲われてしまうことだってあるわけです

若い頃は睡魔と闘っても余裕の勝利を収めていたわけですが、30歳を過ぎると体力も下降の一途で、そう簡単に睡魔に勝てなくなってしまいます。

そんな時はどうするか?

寝ます

いくら頑張って起きていようとしても、一度睡魔に襲われてしまうと、ほとんど頭が働かなくなります。

何かをするために頑張って起きているはずが、睡魔と闘うために頑張って起きているという、わけのわからない状態になってしまうのです。いくら考えても頭が冴え渡るなんてことはありません、

睡魔と闘って頑張って起きているくらいなら、一度寝てしまってそれからまた起きて何かをした方が懸命です。
睡魔に対しては、負けるが勝ちなのです。

なので僕の場合も、夜中に何かをやっていて眠気に襲われてしまった場合は、大人しくベッドに入って眠ることにします。

その代わり、次の日の朝はいつもよりも速く起きて、時間的な辻褄を合わせるようにしています。

催眠アイテム

仮眠は限られた時間の中でさささっと睡眠に入る必要があるので、すぐに眠れるような催眠アイテムが必要です。

英語の本(洋書)

催眠アイテムとしてベストなのは英語の本、つまり洋書です。
別に英語が読めないわけではないですが、英語で書かれた本を読むと睡魔がすぐにやって来ます。

洋書の他には資格試験の参考書なんかも良い選択だと思います。

効率よく質の高い仮眠をすることで、短い睡眠時間でも、頭をきちんと働かせることができるようになりますから、合間合間の隙間時間を有効に活用して日々の足りない睡眠時間を補いたいものですね。

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ
  • ちゃんとしたブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

PAGE TOP ↑