保育園の持ち物に名前を入れるのに便利なシャチハタお名前スタンプを買った

最終更新日:2015/08/05 公開日: 子育て, 必需品

150316_12

今年から次男が保育園に入園することになり、その入園準備に追われる今日この頃。

保育園では、オムツや下着などをはじめとして、いろいろと必要なわけですが、その全ての持ち物に名前を書かなくてはいけません。

名前と言えばサインペン、というわけで、サインペンでサッサと書いてしまうのが最も簡単な方法ではありますが、残念ながら達筆ではない僕が名前を書いてしまうと、それだけで、春から始まる新生活のウキウキ気分もトーンダウンしてしまいます。

せっかく新しいモノを買いそろえたワケですから、できるだけ綺麗な字で名前を書いてあげたいと思うのが親心。そんな時に便利なグッズは無いかと探して辿り着いたのが「シャチハタお名前スタンプ」です。

長男の時はねーむっこ

長男の時は、なるべく綺麗に、可愛く名前を書きたいと思い、選んだのが「ねーむっこ」と呼ばれるもので、オーダーメイドで作成する、名前の文字部分だけがアイロンプリントできるものでした。

見た目も可愛らしく、新しい衣服などにプリントしても違和感がなく仕上がります。

他の方法と比べると、ねーむっこは割高ではありましたが、綺麗に仕上がるので大変気に入って、全ての持ち物に頑張ってプリントしていました。

しかし、結局プリントしたのは夏くらいまでで、それ以降の持ち物については、サインペンで適当に済ましてしまうようになってしまいました。

ねーむっこを使わなくなった理由
・タオルなどの消耗品の数も多くプリントするのが面倒になった
・防犯のため名前が外から見えないように、名前は内側に書くようになった

などが挙げられます。
大量に買ったため、長男の分はまだまだ残っていますが、今後もプリントするかどうかは怪しく、次男の時には選択肢には入りませんでした。

シャチハタおなまえスタンプ

ねーむっこよりも簡単で手軽に出来るものは無いかと探して見つけたのが、スタンプタイプの名前スタンプである「シヤチハタ おなまえスタンプ 大文字セット GA-B1S

昔の活版印刷よろしくで、50音のプレートをバラして名前を作り、スタンプにするツール。価格も安くて、長男と次男の名入れにも共有出来ることもあって買ってみました。

150310_1
シャチハタおなまえスタンプのパッケージ

150310_2
左上から
スタンプ台、ネームプレート大
インク、スタンプ、スタンプガイド、ネームプレート小

150310_6
スタンプ台を開いたところ。
ここにインとインク。
インクは、布だけに限らず、金属や木材にも押せるようなインクで、洗濯しても落ちないようなインクのようです。色は黒。

150310_4
ネームプレート。
50音+濁音+破裂音+マークがセットになったシート。
一文字あたり3〜2つセットになっています。
大きさは一文字が大文字で5mm程度。
オムツなどにスタンプしようと思うと少し小さいかもしれませんが、それでもまぁ問題の無いサイズだと思います。衣服などへの名入れとしては丁度だと思います。

150310_7
プレートから一文字ずつ必要な文字を切り離します。
このように手で簡単に分けることができます。

150310_5
スタンプとスタンンプガイド。
スタンプガイドは真っすぐにスタンプするのが難しい場所などで使えるようです。

150310_8
切り離した文字。

150310_9
スタンプにはめ込みます。

150310_10
スタンプ台にインクを垂らします。
一気に入れてしまうのではなく、適量を出して使うのが良いようです。スタンプ台が乾いたらまた補充する、というような感じのようです。
インクが無くなれば、補充用のインクも売っています。1本150円〜200円程度でプリンターのぼったくりインクと比べると信じられないくらいお手頃な価格です。

150310_11
ここで登場するのがネームシール。
アイロンプリントタイプのもので、本来はプリンターを使って出力するものですが、名前シールで16分割されているので、その上にスタンプしてしまおうと思います。
もちろん、ネームシールなど使わずに、そのままスタンプしても良いと思います。

150310_12
スタンプしてみました。
可愛らしいフォントです。

150316_11
名前の量産です。
慣れるとどんどんスタンプできます。

こんな感じで名前シールを大量生産して、保育園の持ち物に貼付けられるようになりました。シールを入れても総額2,000円以下なので、その他の手段と比べるとリーズナブルに仕上げられると思います。

面倒なオムツの名入れも、スタンプを使えばすぐに出来てしまうのが嬉しいですね。

150310_14
番外編として、上手にスタンプするには慣れが必要な感じです。練習無しで押してしまったため、ズレてしまったり、逆さまに押してしまったりしました。とは言っても難しいものではないので、20個も押せば慣れると思います。
まずは消耗品であるオムツなどで練習するのが良いでしょうね。

シャチハタおなまえスタンプまとめ

もう少し大きな文字のものも欲しいとは思いますが、室内で使ったりするモノなどへの名入れは、このサイズがベストなサイズなのかもしれません。

アイロンシールを使わなくても、衣類やその他の持ち物に直接スタンプして使うことも出来るので、大幅に手間が軽減されると思います。

その他のハンコセットなどとも迷いましたが、良いものはそれなりの値段がしますし、実際問題で春の準備が終わってしまうと、移行はそれほど使わないものなので、高価である必要は無く、価格や使い勝手を考えればこの手が一番良いように思います。


猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ
  • ちゃんとしたブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

PAGE TOP ↑