いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

生活 買い物

カードの利用承認が得られませんでしたの理由

更新日:

カードの利用承認が得られませんでしたの理由

いつものようにAmazonで買い物をすると、Amazonから「カードの利用承認が得られませんでした」というメールが送られてきました。

メールの内容に目を通すと、決済に使用していたクレジットカードの利用承認が得られなかったので、別のカードを使用するか、別の支払方法を選択して欲しいというような内容でした。

今までずっと同じクレジットカードを使用してきていましたが、一度としてこのような連絡を受けたことがなく、不思議(不審)だなと思ったのですが、調べてみると意外なことが理由でカードが使用できなくなっていたのでした。

カードの利用承認が得られませんでした

カードの利用承認が得られませんでした

クレジットカードでの決済が出来なくなった

Amazonで買い物をしたら「カードの利用承認が得られませんでした」というメールがAmazonから「別のカードを使用するか、別の支払方法を選択して決済して欲しい」と連絡がきました。

Amazonからのメールによると

カードの承認が得られない理由としては、ご入力いただいたカードの名義人、番号、有効期限が誤っている(または全角で入力されている)か、カードが無効になっていることが可能性として挙げられます。

とのこと。

しかし、そのカードはAmazonのアカウントでずっと使用してきたカードなのです。
特に何も設定を弄ってはいませんし、カードの期限もかなり先です。

念のため登録内容を確認してしてみましたが、カードの名義人、番号、有効期限ともに正しく入力されていました。

ということはカードが無効になっている可能性があるわけですが、今まで普通に使用できていましたし、つい最近も買い物したばかりなので不思議な感です。

きっとアマゾンとクレジットカード会社のシステムの連携か何かが上手く動いていないんじゃないかなというような適当な推測をして特に気にもしていませんでした。

とりあえず購入しようとした物は代引きで手数料を払うのも馬鹿らしかったのと急ぎで欲しい物でもなかったので一旦キャンセルして様子を見ることにしました。

しかし、同じ日に別の物を楽天市場から購入していて、そちらのショップからもAmazon同様に「認証エラーで決済が出来ない」とのメールが届きました。

誠に申し訳ございませんが、お支払いのカードですが、カード処理を行いましたところ認証エラーになってしまいカード決済ができない状態になっておりますので、別のカードにご変更して頂くか、銀行振り込み(お振込み手数料お客様負担・お振込み確認後の出荷)でお支払いくださいませ。
又、どのお支払方法にご変更されるかご連絡下さいませ。

というような内容のメールが購入したショップから届いていたのです。

Amazonだけでなく楽天でも使用ができなくなっているということは、Amazonの言うようにクレジットカードが無効になっていることが原因だろうと思われました。

クレジットカードが無効になった理由を考えた

どうやらクレジットカード自体が無効にされてしまったようなので、何か原因となるようなことをしたかどうかを振り返っってみました。

クレジットカードをお店で使いサインで決済した

実店舗で買い物をした際に、現金の持ち合わせがなかったので普段は使わないクレジットカードでの決済を数日前にしていました。

その際に、暗証番号が解らなくなっていたのでサインをして決済したのですが、その際にアイフォーンを使用してサインしました。アイフォーンの画面だとなかなか上手くサイン出来なかったこともあり、いつもとは違う筆跡になってしまっため、それが怪しまれてカードを凍結されたのかもしれません。

ネットで購入の際にカードの情報入力画面で何度か入力ミスをした

楽天で購入する際に、クレジットカードの情報の入力で、何度か入力ミスをしてしまいました。

そのため、クレジットカード会社との通信で何度かエラーが出てしまったので、それが原因で怪しいカードと認定されたのかもしれません。

クレジットカード会社に問い合わせてみた

クレジットカード会社に直接問い合わせる

クレジットカードが無効になってしまった理由をいくつか考えてみましたが、いくらそれを考えてみたところで僕自身が判断することは出来ません。

ならばクレジットカード会社に直接連絡をしてみようということで、連絡先を探して問い合わせをしてみることにしました。

クレジットカード会社に問い合わせする場合には、支払い履歴などを確認するために下記のような情報が必要になります。

● クレジットカードの番号
● クレジットカードの名義
● 生年月日
● クレジットカードに登録した住所

もう少し細かいことを聞かれたり、時間がかかるものだと思っていましたが、非常にシンプルで上記のような内容を伝えれば、細かな情報を知ることができます。

無効になっている理由は利用限度額を超えていたから

窓口担当の方に「カードの利用承認が得られずネットでの買い物で決済が出来ないのでその理由を知りたい」と伝えたところ、アカウントの状態を調べてくれました。

結果、利用限度額を超える決済がされているため一時的に無効になっているとのことでした。

利用限度額は2か月分利用料金の合算

クレジットカー利用限度額ド

僕が利用しているクレジットカードの決済は2ヶ月遅れで決済がされます。
なので12/11の決済分は10/11〜11/10の間の買い物に対しての請求がされるようになっています。

決済額は1ヶ月単位なのですが、決済までの期間が2ヶ月あるため未払いの利用金額は二か月分溜まる事になります。

この合計額がクレジットカードの限度額の上限を超えてしまうと、それ以上利用することができなくなるように無効にされてしまうようです。

僕のクレジットカードの利用限度額

僕の使用しているクレジットカードの利用限度額は100万円で設定されています。

窓口の方の説明によると、この2ヶ月の利用料金が約114万円を超えているとのことで、利用限度額をオーバーしてしまっているということでカードが無効になっているのでした。

一時的に利用限度額の枠を増やすことも出来るという提案をしていただきましたが、とりあえず様子を見ることにしました。

もしかしてクレジットカードを不正に使用されているのかも・・・

利用金額が違う

10月以降に色々な物を買っているので請求金額自体には驚きませんでしたが、大きな買い物については記録をしているので、一体自分がどれくらいの金額を使っているのかの概算は把握しているつもりでした。

僕の計算では概ね80万円くらいだろうなという予測だったので、それが114万円を超えているというのは、なんだか腑に落ちない部分がありました。

利用明細が送られてくるまで待とうかとも思いましたが、不正使用されているかもと思うと、利用明細が届くまでのんびり待っている心の余裕はありません。

とりあえず、自分がメモしている範囲で改めて計算をしてみたところ、利用金額を多く見積もってもだいたい88万円くらいとなり、どう考えても114万円には届かないのです。

その差額は約26万円で決して小さな金額ではありませんから、ますます不安になってきました。

利用金額が違うクレームのほとんどは自分が遣ったことを忘れている

クレジットカードの請求額を見て、自分が遣った金額と違うというクレームは多いようです。
しかし、その多くは自分が遣ってしまった金額を忘れていた勘違いだそうです。

僕も多少なりにウッカリさんなので、そんなこともあろうかと何度か計算をしてみましたが、どうにも計算がありません。そもそもそれだけ大きな買い物をしたならば、しっかりと覚えているはずです。

もしかしたらカードが不正使用されてしまったのか、あるいは子供が最近電話の掛け方を覚えたので、いたずらで有料ダイヤルや何かのサービスを利用してしまったのか、などなど身に覚えのない請求が発生しそうな事案を色々考えてみました。

しかし、やはり金額が大きすぎます。

改めてクレジットカード会社に問い合わせてみた

クレジットカード会社のシステム的に計上される仮売上処理が関係

不安な気持ちでは落ち着かないのと、せっかくの24時間サービスなので、改めてクレジットカード会社に電話をして確認してみることにしました。

先の電話で対応してくれた人とは別の人が対応してしてくれました。
最初の手順と同様に、クレジットカードの番号や名義人、生年月日、住所などの確認をして本題に入ります。

先の電話で114万円の利用額があり限度額を超えているため無効にされていると言われた件、そして該当する期間内の利用金額を計算してみたが26万円ほどの差額があるので調べて欲しいというような内容を伝えました。

すると窓口の方が「稀にですが多めに利用金額が計上されることがある」とのこと。

念のため大きな金額のものだけピックアップしてそれらを本当に利用したかどうかの確認を行った後、詳細を確認してくることになりました。

数分ほど待たされた後にいただいた回答によると
「大きな金額のものをネットで購入したりする場合に、仮予約的な感じで利用金額を計上することがあるようで、それが利用金額として計上されていた」とのこと。

自分で調べてみると、クレジットカードの決済の仕組みの中に仮売上処理と呼ばれるものがあり、取りっぱぐれを防ぐために購入者のカード与信枠を確保するためのもののようです。

システム的なことはよく分かりませんが、僕の場合だと、iMacをAppleのWEBショップから購入した際に、その購入金額である27万円ほどが実際に支払われる金額とは別に、予約金額として計上されていて、その金額を含めていたために114万円という金額になっていたようです。

僕がざっくり計算していた金額との差額と、iMacの金額がかなり近い金額だったので、なるほど納得できました。

この金額はシステム上で一時的に記録されるもので、時間が経てば自動的に消えて実際に請求されることは無いそうですが、時々発生してしまう問題のようです。

対処方法

仮売上処理が原因とわかると、該当する金額をクレジットカード会社の方で削除してもらえます。処理には5〜10分程度かかるようですが、その処理が終われば、無事にクレジットカードが有効化され新しく買い物ができるようになるようです。

仮売上処理を削除してもらった後に、連絡を受けていたショップに連絡をして処理を実行してもらったところ、無事に決済が確定できました。

まとめ

今まで何事もなく使えていたクレジットカードがある日突然使えなくなる。しかも利用金額が自分が把握している金額とは大きく違うということで、クレジットカードの不正使用の心配がありました。

また、どうすれば再び使用できるようになるのかなど、初めてのことだらけで不安や分からないことが多くありましたが、クレジットカード会社に問い合わせてみると、あっさりと解決して再び使用できるようになり「良かった良かった」という感じです。

クレジットカードの利用限度枠は100万円なので、2ヶ月だと一ヶ月あたりで50万円ですから、僕個人的にはそんなに頻発する問題ではありませんが、家賃の支払いや日頃の買い物や支払いの全てをクレジットカードで支払っていたりする場合、ちょっとした大きな買い物を立て続けにするようなことがあると、意外と引っかかってしまう問題かもしれませんね。

まぁ頻繁にそういう支払いがあるような人は限度枠を増やしたり、限度額を意識しながら買い物をしているのでしょうけど。何はともあれ勉強になりました。

【完全ガイドシリーズ200】クレジットカード完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ200】クレジットカード完全ガイド (100%ムックシリーズ)
  • 著者 :
  • 価格 : ¥ 734
  • ムック:97 ページ
  • 出版日 : 2017/10/26
  • 出版社 : 晋遊舎

-生活, 買い物

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2018 All Rights Reserved.