いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

学習・勉強 生活

英語を独学でマスターする 海外ドラマを使った勉強法

更新日:

150507_01
英語を独学でマスターするために、様々な勉強法を試してきた中で、最も楽しく勉強できる方法と言えば、海外ドラマを観ながら学習する方法です。

僕が英語を理解したいと思った一番の動機としては、海外ドラマや映画を日本語の吹き替え版ではなく、原盤のまま理解したいと思ったからでした。

と言うのも、日本語訳でも楽しめるのは間違いないですが、訳者のセンスや声優のイメージなど、様々な要因で興覚めしてしまうことが多いのです。なので、ドラマを楽しむためには、オリジナル版で理解するしかない、というわけです。

そこで海外ドラマなどのDVDを買い漁ったり録画したりしながら、沢山の海外ドラマを観て英語の勉強に使ってきました。
勉強方法としては非常に楽しく、勉強をしているという意識はほとんどないので、長続きできる勉強方法であはりますが、当然、メリット・デメリットもあるので、海外ドラマを使った英語の学習方法とメリットとデメリットについてまとめてみました。

海外ドラマを使った英語の勉強法のメリット

海外ドラマを使った英語の勉強法は楽しい

海外ドラマを使った英語の勉強法は楽しいです。好きなドラマを観ていれば良いわけですから、通常の勉強とは違ってかなり楽しい勉強方法です。

何はともあれ、勉強を続ける上で「楽しい」と思うことは大切なことだと思いますし、最大のメリットだと思います。

海外ドラマを使った英語の勉強法は安い

海外ドラマは二カ国語放送でテレビでもやっていますから、録画するだけでそれがすぐに教材として使えます。答え合わせも、あくまで意訳ではありますが、吹き替え版ですぐに確認できるので、テレビ番組の録画はかなり使えます。

レンタルDVDでも海外ドラマは豊富に揃っていますから、教材選びには本当に苦労がありません。

DVDは海外版が安い

僕の場合は、アメリカAmazonから個人輸入でDVDを買っていました。というのもDVDの値段が全く違うんですよね。

例えば、アメリカンシットコムの代表と言えば「フルハウス」
この日本版のコンプリートボックスは約30,000円ですが、海外版なら約20,000円。DVDに関して言えば、日本語版になるだけで、かなり値段が高くなってしまうのです。買うなら絶対海外から購入した方がお得です。

ちなみにアメリカAmazonから購入すると、届くまでに約1〜2週間程度です。

海外ドラマを使った英語の勉強法は覚えやすい

海外ドラマを使った英語の勉強方法は、英文小説などを読むのと違い、映像と合わせて英語を理解出来るので、使うシチュエーションや定型句などが覚えやすいです。

ジェスチャーや表情なども合わせて理解できるため、微妙なニュアンスなども理解しやすいと思います。

シットコムなら日常会話が豊富

シットコム(シチュエーションコメディ)と呼ばれる、日常的な場面を舞台にしたコメディドラマは非常に数多く製作されていて、ストーリーの中での会話も多く、日常会話を覚えるのに役立ちます。

代表的なシットコムとして、フルハウスやフレンズなどが有名だと思います。

海外ドラマのDVDなら英語字幕もある

海外ドラマを観て英語を勉強する方法で一番気をつけたいのが、解ったつもりになること。ヒアリングして、どんなセリフが話されているかをちゃんと理解していないと、ただ観ているだけになってしまいます。

そんな時に便利なのが、字幕モード。ほとんどの場合、英語字幕も用意されていると思うので、英語でヒアリングしながら、英語の字幕を観て、答え合わせをしながら観るのもお勧めです。最初はあまりに早くて追いつかないと思いますが、次第に追えるようになると思います。

海外ドラマを使った英語の勉強法のデメリット

最初は苦痛

いざ英語で海外ドラマを見始めると、最初はほとんど理解出来なくて、30分の番組でもとても長く感じられて苦痛だったりします。

そのため、最初は楽しみよりもストレスの方が大きく、慣れるまでの間に挫折してしまう人も非常に多いです。僕の場合でも慣れるまでに少なくとも30時間くらいは観ていると思います。

最初は苦痛でも、我慢して観ているうちに、なんとなく聴き取れる言葉が出て来たり、意味が理解出来るようになってくると、少しずつ楽しくなってくるはずなので、最初の苦痛だけはなんとか乗り切って下さい。

最初の苦痛をなるべく少なくするためには、子供向けの番組である「機関車トーマス」や「おさるのジョージ」などを観ると、使われている言葉も子供向けなので、初心者でも分りやすくストレスが少ないと思います。

海外ドラマを使った英語の勉強法は解ったつもりになる

海外ドラマを見ていると、映像と共に会話が流れていくので、言葉を理解出来なくても、なんとなく何が起こっているのかを理解することができます。

そのため、肝心な会話への集中がおろそかになり、結果として曖昧な理解しかできていないのに、解ったように勘違いしてしまうことがあります

映像を頼りにしつつも、会話の中で、どんな言葉が使われているのかをちゃんと聴き取るということを意識していないと、ただ流し観ているだけで全く勉強にならなかったりするので注意が必要です。

ジャンルを理解していないと間違った言葉を覚える

基本的に好きなドラマを見れば良いと思いますが、そのジャンルやテーマを理解していないと、せっかく言葉を覚えても、全く使えない言葉を沢山覚えてしまうことにもなりかねません。

例えば、人気海外ドラマの24などは、大人向けの番組であり、非日常的な内容なため、使われている言葉も専門的な言葉や日頃絶対に出て来ないような言葉が沢山出てきます。

それを考えると、日常生活の中でのドタバタがテーマのシットコムが教材としてはお勧めになると思います。

本当の会話ではない

テレビドラマは、映画などに比べると、日常会話で使う言葉が沢山使われてはいますが、あくまで台本があって、ストーリーに添ったセリフになるため、日常会話とはやはりちょっと違います。

そのあたりをある程度理解しておかないと、そのまま使った時に「?」というような反応になってしまうこともあるかもしれません。このあたりは、英語に慣れて来るに従って、自然と違いが解るようになってくるとは思います。

ちなみに、日常会話に近いのは、ラジオやテレビのトーク番組が流行り言葉や話題なども、日常会話に近いものになると思います。

海外ドラマを使った英語の勉強法のポイント

上記の海外ドラマを使った英語の勉強法のメリットとデメリットを理解した上で、海外ドラマを観ながら、より効率的に英語の勉強ができるようにするためのポイントをまとめてみました。

海外ドラマを使った英語の勉強法のポイント:セリフをきちんと理解する

海外ドラマは映像があるため、どうしても映像を情報としては優先してしまいがちです。しかし基本は英語をきちんと理解する、ということなので、セリフで何を話されているかをきちんと理解する必要があります。

映像ばかりに頼っていると、間違った解釈をしてしまうことも多々あります。基本的にDVDなどには英語の字幕も付いていますが、有名なドラマなどは「タイトル+prot」などで検索すれば、セリフ全文をテキスト化してくれているサイトも見つかったりして便利です。

海外ドラマを使った英語の勉強法のポイント:繰り返し観る

同じドラマを何度も観ることも大切です。繰り返し観ることで、最初に理解していたつもりの英語が、全く違った意味であることに気が付いたりすることも沢山あります。

日本のドラマなどは、繰り返し観るのはちょっと苦痛ですが、聞き落としていたセリフなどもあり、観る度に新しい発見があったりして、案外楽しめると思います。

映画と海外ドラマの違い

同じ英語を使っているのだから映画で良いじゃない?と思うかもしれませんが、映画は英語の勉強には不向きだと思います。というのも、映画は時間が限られているため、ストーリーを進行させるためのセリフがほとんどになります。

つまり、ストーリーを必要最低限に理解できる程度の言い回しになるため、日常会話と比較すると、かなり言葉が省略されていたりしています。また、映画は非日常的な出来事がテーマになっていることがほとんどのため、会話も非日常的な言葉が多く、使える言葉が少ないです。

個人的にはマフィアモノやギャングモノが好きだったりするのですが、使われている言葉は非常に汚い言葉が多く、日常ではとても使えません。その点、テレビドラマは放送コードがあるため、汚い言葉はほぼ使われておらず、安心して使える言葉ばかりになります。

海外ドラマを使った英語の勉強法まとめ

海外ドラマを使った英語の勉強法は、他の勉強法とは違い、初心者でも楽しみながら持続出来る勉強法になると思います。

また、いろいろと理解できるようになると、ますますストーリーを楽しめるようになるため、英語の勉強が非常に捗るようになってきます。

繰り返し観ている中で、もう少しちゃんと理解するためには、文法等の理解が曖昧だと、どうしてもストーリーを正確に把握するのに限界が見えて来るため、必然的に文法等も勉強しなければ・・・という必要にかられた欲求も出て来るため、その他の勉強方法でのモチベーションを維持するのにも良い効果が出るように思います。

逆に言うと、楽しい反面、文法等がおろそかになりやすい勉強方法なので、そのあたりをバランスを考えながらその他の勉強を織り交ぜていくのがより効果的だと思います。

-学習・勉強, 生活

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2017 All Rights Reserved.