いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

出来事 生活

僕がWeb収入を得ようと思ったのはリストラ宣告が切っ掛けでした

更新日:

僕がWebからの収入を得ようと思った切っ掛けは、勤めていた会社からのリストラ宣告でした。

この記事ではリストラ宣告を受けてから一念発起してブログ運営を開始して、なんとかWeb収入を得られるようになるまでの大まかな流れをまとめています。

40歳でのリストラの危機

僕が勤めていた会社はワンマン経営の小さな会社でした。ワンマン経営の中小企業にありがちな話ですが、社長とウマが合わなければ冷遇されやがては退職をせざるを得ないような状況に追い込まれてしまうような会社です。俗に言うブラック企業と言われるような会社でした。

入社当初から理不尽な会社だという思いはあったので、すぐに辞めるつもりで居たはずなのに、ダラダラと辞めるタイミングを見つけられずに15年以上も勤めてしまい、気がつけば僕も40歳という年齢になってしまいました。

なんとかかんとかで社長ともうまく関係を築きながら15年以上も勤めていたので、待遇もそれなりに良くなって来ますし(とは言っても世間一般の給料の水準から考えるととても低かったのですが)、会社自体の居心地が悪いわけではありませんでした。

なので、若い頃に常に心の中にあった「いつかは辞めてしまおう」という気持ちも薄まり「俺の人生はこのままずっとこんな感じで続くのかな・・・」となんとなく先が見えた人生を思い描きながら惰性で日々を過ごしていた頃に事件は起こりました。

事業不振によるリストラ

事業不振によるリストラが慣行されたのです。

もともと人数の多い会社ではなかったにも関わらず、その日、1/3ほどのスタッフが退社になることを知らされました。リストラという直接的な言葉は聞かされませんでしたが、過去にも似たような騒動があり「リストラか・・・」とすぐに状況を察することができました。

その時リストラ対象となった社員の中の一人が、僕と同じ部署で働いていたプログラマーのAさんでした。Aさんは社長とのウマも合い、事業の主要なシステムのプログラムを担当していたので、Aさんがリストラ対象となったと知った時、僕は非常に驚きました。

今までリストラされる対象は、社長とソリが合わなかったり、誰にでも置き換えられるポジションに居る人が対象となっていたからです。主要なメンバーやその人にしか出来ない仕事がある場合はよっぽどのことが無い限りリストラされることはなかったからでした。

要するに、その時はそれほどまでに会社の経営状況が良くなかったということです。

そんなAさんとの帰り道、Aさんから衝撃的な忠告を受けました。

「Youもリストラ対象になってるから覚悟しておいた方が良いよ」と。

「まさか」とは思いましたが、よくよく考えると最近の社内の不穏な動きが続いていたことに気が付きました。言われてみれば徐々にリストラするための準備が進んでいたのだなと思い当たる節もいくつもあることに気がついたのでした。

主要メンバーでリストラされるはずがなかったAさんがリストラ対象になるくらいですから、僕がリストラ対象になることにも不思議はありませんでした。

リストラされるかもしれない不安

Aさんの前では強がってみせましたが、実際は動揺しまくりで、家までの帰り道は不安で押しつぶされそうな気持ちと闘うのが精一杯でした。

転職にはあまりに遅すぎる40歳。
妻と幼い子供二人をどうやって養うのか?

東京で子供二人を養っていくには、最低でも毎月30万円程度の収入がなくては、まともな生活はできません。なのにリストラされてしまう。

「40歳という年齢で転職して十分な給料を貰える仕事が見つかるだろうか・・」「いや、そもそも再就職できるのだろうか・・・」そんなことばかりを考えていました。

家に帰ると、まず妻に伝えました。
当然のように「これから先どうするの?子どもたちはどうするの?」という話になります。動揺する妻に対して僕は「なんとか頑張るから」「なんとかするから」という言葉しかありませんでした。

落ち込んで悩んでいても前に進めないので、リストラ宣告された時に慌てないように、まずは再就職先を探す為と再就職のための状況を把握するために転職サイトへの登録をすることにしたのでした。

客観的に観て無能の人

転職サイトに登録する際には、履歴書の代わりに職歴や特技など様々な情報を打ち込む必要があります。

しかし、資格と言えば普通免許くらいしか持っておらず、画像編集系のソフトを扱えたりhtmlなどの基礎的な部分の知識はあるものの、どれもエキスパートとは言えるレベルのものではなく、客観的に見て技術をアピールできるようなものが全く無いのです。

「俺は今まで何をやってきたのか・・・」

会社に長く居続けたことにより程度のポジションになり、自分は出来る人間のような気になっていましたが、今の会社のポジションを捨てれば、全く何も残らない無能なだということに気がついたのでした。

履歴書に書けるものがほとんどない・・・こんな無能な40歳をどこの企業が喜んで採用してくれるでしょうか?

起業を考えてみる

再就職が難しいのであれば、起業する道も考えてみました。

自分に出来ることは、デザインとWeb製作ではありますが、今までのポジションがあまり人と接することがなかったため、長い期間会社に勤めていたにも関わらず外部との人との繋がりが一切無く、起業するにしてもゼロからのスタートをしなければいけない状況でした。

例えば営業マンであれば、日々色々な会社に出入りして名刺交換も多くしているでしょうから、外部の会社にも何らかの伝手があり、再就職先や出来る仕事があれば回してもらえることで独立することも可能でしょう。

しかし僕のような何の伝手も無い人間が起業してすぐに生活出来るほど世間は甘くはありません。そしてもともとデスクワークメインの仕事をしていたために営業活動で外回りする自分の姿も想像できませんでした。ましてデザインの仕事で、子どもたちを育てあげるような姿も全く想像できませんでした。

実際の営業が苦手なら、Webデザイン制作のホームページを公開して、Web経由から集客を出来ないかと考えてみました。

幸い、ある程度のその分野での経験があったため、時間をかけてブラッシュアップしていけば、ちょこちょこと仕事の依頼を請けられるようになる自信はありました。

しかし多少の蓄えはあるにしろ、二人の小さな子持ちの親がそんな悠長なことを言っていられるわけはないのです。すぐにでもお金になる仕事を見つけなければ、たちまち蓄えも底をついてしまうのです。

悩む中で自分が本当にやりたい事に気付いた

無能で他の仕事もできない身であるならば、リストラの恐怖におびえながらも、今、目の前にある仕事を一生懸命にこなして「会社に対して貢献していくしかない」と思い直しました。

「一生懸命に会社に対してアピールすればなんとか会社に留まることができるかもしれない」そして、今までのユルユルな会社生活を改めて身を粉にして働くことで「他所の会社に行った方がよっぽど楽だ」と思えるようになれば「きっと転職も怖いものではなく嬉しいものになるはずだ」と自分に言い聞かせました。

そんなことを考えながら、なんとか打開策を模索している中で僕が今後の仕事として考えられるのは「Webしか無い」と気が付くことができたのでした。

Webから収入を得ることを考える

かつての成功体験をもう一度

僕が「Webしか無い・・・」と考えたのにはそれなりの理由があります。過去にアフィリエイトではある程度の成功体験があったからでした。

アフィリエイトで月に5,000円以上の収入があるのは全体の数パーセントと言われていた中で、月に8万円ほどの収入を得ていて、多い時では30万円を超すようなWEB収入を得ることもありました。

当時は出会い系サイトの紹介や医薬品などの個人輸入代行の紹介などを行っていました。まだ薬事法が改正される前だったので今ほど薬品の販売や紹介などの規制が無かったこともあり、インターネットを利用した海外通販の流れなどにうまく乗れたという経緯がありました。

しかしそれらの収入も規制が日に日に強くなり法律的にグレーゾーンになってしまったのを切っ掛けに、全てのサイトを閉鎖してアフィリエイトからは撤退したという過去があったのです。

一度は完全に撤退したアフィリエイトですが、もう一度チャレンジしてWebから収入を得ることができないかと考えたわけです。

また、その時点でブログはいくつか運営していたこともあり、始めようと思えばその日からでもすぐに始められるというのもありました。

Webから収入を得るメリット

時間に束縛されない

アルバイトなどで副業しようと思うと、必然的に長時間拘束されてしまうことになります。気分が乗らなくても仕事に行かなくてはいけません。まして普通の仕事をやりながらアルバイトを掛け持ちで働くなんてことは、自分の時間を一切なくしてしまうことにもなるので現実的ではありません。

しかしブログであれば自分の時間を有効に使うことができます。もちろんブログのための記事を書のはそれなりに時間を必要とする作業ではありますが、基本的には自分の空き時間で記事を書くことができます。

気が乗らなければ作業はしなくても良いわけですし、ほとんど自由に作業することができるのです。

人に従わなくて良い

ブログ記事では自分の興味のあることを、自分の好きなように書くことが出来ます。誰かに指示されたり、嫌だと思う事をする必要がないのです。もしもそんな自由な仕事があるとすれば、それはWEBからの収入だけになるような気がします。

またもしも他の会社に再就職した場合、一番のペーペーになるわけですから、相手がどんなに若い人だとしても素直に従ったり頭を下げる必要があります。

もちろん新人ですから仕事を教えてくれる人の指示に従うことは大切ですし、失敗したら謝るというのも当たり前ですが、40歳を過ぎると、それまでのポジションもあり、支持に従ったり謝ったりがなかなか難しくなるのです。

すぐに始められる

ブログ運営はパソコンとブログがあればすぐに始められます。場所も選ぶわけではありませんから、今の仕事を継続しながらでもビジネスとして始めることが出来るわけです。

パソコンとインターネット環境は家庭にも揃っていますから、ブログ運営を始めるために新たな初期投資は必要ありません。

Web収入を目標は月10万円にした理由

僕が目標として設定したWeb収入は月10万円でした。

月10万円の収入では当然、妻と小さな子ども二人の家族を養っていくことはできませんが、月に必要な生活費が30万円だと仮定すると、月に10万円のWeb収入があれば月に20万円の仕事でも暮らしていけることになるわけです。

また、リストラされて無職になった際に最も生活を圧迫するのは家賃ですが、月に10万円のWeb収入があれば家賃を含めた基本的な生活費のほとんどを賄えるようになります。

家賃が賄えるということは、実家暮らし並の気持ちの余裕が得られるということでもあり、失業に関しての不安がかなり軽減されるのではと考えたことからWebからの収入の目標を月に10万円と決めたのでした。

リストラ宣告が僕の生きる姿勢を大きく変える

リストラ宣告が生き方を改めるきっかけになった

僕の気持ちや日々の生活に向き合う態度はこのリストラ宣告を切っ掛けにして大きく変わりました。

それまでの僕は生活のために仕事を続けていました。自分の限界をなんとなく解ったような気持ちになり、ダラダラと目標もなくただ日々を生きているだけになっていました。

このままなんとなく定年まで働いて、それなりの収入を得ながら、それなりの暮らしが続いていくのかなと、半ば諦めたような生き方をしていました。子供の成長だけが楽しみな、そんな人生です。

僕の個人的な考えとしては、人ももともと動物ですから、動物園の動物のように、安全に寝る場所と食料が確保さえされていれば、ダラダラと過ごして生きるのがストレスのない正しい生き方だと思っているので、子供の成長だけを楽しみにして生きるのも、それはそれで悪くはないと思っています。

しかし悲しいことに、そんな多くを望まない生活でも、リストラ宣告一発で脆く崩れ去ってしまうのです。40歳を過ぎて無職になってしまえば、子供の成長を楽しみにすることも出来ず、日々の暮らしに追われることになるのです。

その現実を僕は今回のリストラ騒動の中で身をもって知ることになりました。そして「このままでは、どの道行き詰まってしまう。」「今なにかを始めなければ、しょぼくれた人生で終わってしまう。」「どうにかして会社の都合に振り回されるようなこのクソみたいな人生から抜け出さなければ・・・・。」

若い頃によく考えていた「何糞」と逆境に立ち向かう気持ちがまた心に火をともしたのでした。命を燃やして生きようと思うようになったのです。

そして僕はブログを通じて自分の可能性に賭けてみることにしたのでした。
武器はブログ。
この武器を使ってどこまで闘えるのかの挑戦を始めたのです。

ブログ運営で僕の人生が大きく変わりだした

今まで趣味程度にしか更新をしてこなかったブログをしっかりと意識的に更新していこうと決めてから、僕はブログを頻繁に更新するようになりました。

もちろん文章を書くこと自体が好きなので、ブログを更新することに対して苦痛に思うところは全くなく、ブログで自分がやりたいことを一生懸命に追求するということを始めた結果、今までにない充実感とともに日々を過ごせるようになりました。

またブログからの収入やアクセス数などの目標に向かって、あれこれ試行錯誤しながら努力することで、いろいろなことにも意識が向くようになり、今まで流されるようにして生きてきた人生が一気に変わることになったのです。

ブログ運営のこと

おそらくここまで読まれた方は、その後のブログ運営がどのようになったのかが気になるところかと思いますが、内容がタイトルから少しズレてしまうことや、文字数が多くなりすぎてしまうこともあるので、またの機会にその経緯を書かせていただければと思います。

-出来事, 生活

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.