Amazonファミリー経由でAmazonプライム会員になるメリット

最終更新日:2017/09/03 公開日: Webサービス, 生活 , , ,

Amazonファミリー経由でAmazonプライム会員になるメリット

AmazonのKindleを利用した電子書籍とAmazonファイリー経由でAmazonプライム会員になったおはなしです。

Kindleの電子書籍と紙の書籍との比較

まずは電子書籍と従来までの紙の書籍についての個人的な感想です。

従来までの紙の書籍の方が媒体として優れている

Kindleを購入してからというもの、もっぱら読書は電子書籍な僕ですが、電子書籍と従来までの紙の書籍との違いについて少し触れたいと思います。

電子ブックリーダーであるKindleを使ってみて思ったのは、本は電子書籍よりも従来までの紙の書籍の方が勝っていると思う部分が圧倒的に多いってことです。

小説等を読むのであれば電子書籍でも十分だと思いますが、僕の場合、もっぱら資料や参考書を読むことの方が多く、従来までの紙の書籍のように重要な箇所に付箋を付けたり、別ページの読み返しなどを頻繁に行なうような書籍の使い方だと、電子書籍ではただただ不便なだけで、従来までの紙の書籍の方が圧倒的に便利で効率的です。

例えば電子書籍と従来までの紙の書籍の大きな違いの代表と言えば、メモ的な書き込が出来るか否かです。その時に思ったことや注釈などをメモ的に書き込むなんてことが出来るのも従来までの紙の書籍ならではです。もちろん電子書籍でもメモは残せますが、直感的に頭に残るかどうか、何処に何をメモしたかという記憶は圧倒的に紙の書籍の方が有利だと僕は思います。

電子書籍が有利な点は洋書

そうは言いながらも僕が電子書籍を利用している理由は、Kindleだと洋書などが簡単に入手できる点で、英語学習などでは非常に便利です。

例えば、文中の分からない英単語なども、単語を選択すれば、内蔵された辞書連動ですぐに意味をチェックできる点などは、従来までの紙の書籍の時に、いちいち辞書で調べていたことを思うとまた随分効率的に英語学習ができるようになりました。

出先でも重たい書籍を持ち運ぶ必要がない点などは電子書籍の利点と言える部分で、通勤時間の英語学習のための読書ではすごく重宝してます。




Kindleオーナーライブラリー

Kindleオーナーライブラリー

そんなKindle三昧なある日のこと、一冊の本を読み終えたので、新しく本を購入しようとKindleでAmazonに接続したところ、Kindleオーナーライブラリーというものを発見しました。

KindleオーナーライブラリーはAmazonプライムの会員で、Kindleの端末を持っている場合、Amazonが指定した本(Kindleオーナーライブラリー対象タイトル)であれば、毎月一冊無料で読める、というもの。

Amazonプライムの料金は年額3,900円で月割りすれば月々数百円程度なので、Kindleオーナーライブラリーを利用して1冊でも本を読めば、それだけで元を取ってしまえる素敵なサービスです。

KindleオーナーライブラリーはAmazonプライム会員の特典の一つ

Kindleオーナーライブラリーはご存知Amazonプライム会員の特典の中の1つのサービスなのでAmazonプライム会員でなければKindle端末を持っていたとしても利用出来ません。

Amazonプライム会員は年会費が3,900円かかる有料サービスですが、主な特典は、Amazonで買い物をする際に送料が無料になったり、有料サービスの急ぎ便や、時間指定が使い放題になるというもので、他にもAmazonミュージックやプライムビデオなど、かなり充実したサービス内容になっていて、送料無料などは関係無しにAmazonプライム会員になっても良いと思わせるほどの充実っぷりです。

Amazonを頻繁に利用する人であれば会員になっていて全く損はない、というか加入しないのが勿体ないくらいのサービスです。

Amazonプライムについて

Kindleオーナーライブラリーを利用してみた感想

読みたい本で読めるタイトルが少ない

Kindleオーナーライブラリーとは、Amazonの電子ブックリーダーであるKindle所有者で、Amazonプライム会員であれば、毎月1冊無料でAmazonの指定した本が読めるというサービスです。

で、早速利用してみた感想ですが「無料だしどうせ、しょうもない本ばかりなんだろう」と予想はしていましたが、その予想はだいたい外れていない感じでした(笑)。

例えば、大手出版社から出版されていて書店でも見かけるようなメジャーなタイトルはほとんどKindleオーナーライブラリーの対象外で、無料で読めるのは個人がAmazonパブリッシングで出版しているよう内容の真偽さえよく分からないような中身の薄い本がほとんどです。

小説などであれば選択肢はそれなりに多くなると思いますが、参考書などがメインの読書物である僕のような人の利用範囲では、残念ながら読みたいと思うタイトルはほとんど見つけられないと思います。

ただこれはAmazonが駄目なわけではなく、電子書籍自体の数がアナログの本の数に比べてまだまだ少ない事が根本的な原因だと思います。

実際問題で今現在で読みたいタイトルの1/100程度しか電子書籍化されていないわけで、元々の選択肢が少ないのですから、さらに絞り込まれた書籍の中から読みたい本を探す、というのは非常に難しいものでしょう。

読める本は一度に一冊だけでストックは出来ない

Kindleオーナーライブラリーのサービスを利用して借りている本があれば、その本を返却するまで新しい本を読むことができません。

新しい本を読みたい場合は、現在利用中の本を解除して新しい本を読むという流れをとる必要があり、複数の本を読み溜めるようなことはできなません。

Kindleオーナーライブラリーは、いわば一度に一冊しか借りられない図書館のようなものです。

Amazonファミリー経由でAmazonプライムに登録

Amazonファミリー経由でAmazonプライムに登録

とりあえず、あまり考えていても前に進めないのでAmazonプライムに登録することにしました。

僕は子持ちなので、以前から気になっていたAmazonファミリーというものも併せて検討してみることにしました。

Amazonファミリーとは

Amazonファミリーとは、小さい子供が居る人向けのサービスで、定期購入する必要のある「おむつ」と「おしりふき」「ミルク」が割引になるサービスです。その他、会員限定セールなどで洗剤などが安く買えるなどの子育て世代にとって有り難いサービスなのです。

我が家には二人のの子供が居て、オムツにかかる費用も馬鹿にならないので、今まで有h少しでも安いお店を探して購入していたのですが、おむつとおしりふきが常時15%引きになるAmazonファミリーは凄く魅力的で以前から加入を検討していたのでした。

Amazonファミリーの利用料金

Amazonファミリーを利用するにあたってのポイントは下記。

Amazonファミリーの利用には、Amazonプライムへの登録が必須。
ただし、年会費3,900円は、あくまでAmazonプライムの利用料で、Amazonファミリーの利用料ではないという点。

もしも一年後にAmazonプライムを退会したとしても、Amazonファミリーは「無料会員」として、おむつなどの割引特典は受けられるそうです。

無料で継続出来る理由はAmazonファミリーへの登録は、広告メールの受信が必要というところです。つまりAmazonファミリーは広告料で成り立っているので、特別な利用料金は必要無く広告代わりにお得な情報を受け取ることを了承するだけで良いのです。

もしも小さい子供が居るなら、Amazonプライムへの登録は、Amazonファミリー経由でするのが良いと思います。

何故ならば、Amazonファミリー経由でAmazonプライムに登録してAmazonビデオを視聴すると、対象のベビー用品を5,000円以上購入した時に使える3,900円分のクーポンを貰えるキャンペーンを実施しているので、実質Amazonプライムの初年度費用が無料になるからです。

というわけで、僕はAmazonファミリー経由で登録をしてみました。

Amazonファミリー登録手順

1.説明画面から「登録」ボタンを押す

2.基本情報の入力画面で基本情報を入力する
登録するには、Amazonファミリー会員規約、Amazonプライム会員規約に同意し、さらにAmazonファミリー会員向けのキャンペーメールの受信の同意が必要になります。

つまり、Amazonプライム(年会費3,900円)に登録し、Amazonファミリーの特典を受けられる代わりに広告メールを受け取れば良いわけです。

3.クレジットカード情報の登録
三ヶ月間はお試しのために無料で利用できる期間があって、その後すぐに自動切り替えでAmazonプライムの有料会員に変更され、Amazonから請求が来ます。自動切り替えが嫌な場合は、Amazonプライムの会員情報管理ページで自動更新設定を変更する必要があります。

4.登録完了
「登録を完了する」ボタンを押せば登録完了です。

Amazonプライム会員になって2年3ヶ月

Amazonプライム会員になって2年3ヶ月経ちました。
Kindleオーナーライブラリーも当初は利用していましたが、実のところ利用していません。

Kindleオーナーライブラリーを利用していない理由

理由は色々とあるのですが、メインの理由としては、読みたい本のタイトルがあまりに少なくて、本を探す時間ばかりが無駄に過ぎてしまうので、数冊読んだ時点で利用をやめました。

また僕が読んでいる本が、参考書などが多いため電子書籍に不向きな本が多く、kndle自体を持ち歩かなくなってしまったのもKindleオーナーライブラリーを利用していない理由です。

それでも今なおAmazonプライムを続けている理由は、今ではKindleオーナーライブラリーやAmazonファミリーなどのサービスが無くても、Amazonビデオに代表されるサービスがかなり充実していて、こんな便利で楽しいものが月額数百円で利用出来るのであれば、わざわざ解約する必要がないというのがその理由です。

年間3,900円、月にして約300円が高いか安いかは人によって違うとは思いますが、Amazonの利用回数が多い方であれば、プライム会員には絶対に登録しておいた方が良いと思わせる魅力的なサービスだと思います。

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ
  • ちゃんとしたブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

PAGE TOP ↑