いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

kindle・Amazon

Amazonファミリー経由でAmazonプライム会員になるメリット

更新日:

Amazonファミリー経由でAmazonプライム会員になるメリット

AmazonのKindleを利用した電子書籍とAmazonファイリー経由でAmazonプライム会員になったおはなしです。

Amazonプライムは会員特典が非常に充実しているのでかなりおすすめのサービスです。普通にAmazonプライム会員になっても良いのですがAmazonファミリーなどのサービス経由で会員になった方がお得な場合があるので紹介しておきます。

Amazonファミリーとは

子育て世代に優しいサービス

Amazonファミリーとは、小さい子供がいる子育て世代向けのサービスで、乳児の子育て期間に定期購入する必要のある「おむつ」と「おしりふき」「ミルク」の割引特典がえられる他、会員限定セールで洗剤などが安く買えるなどの子育て世代にとって有り難いサービス
なのです。

我が家には二人の子供がいて、オムツにかかる費用も馬鹿にならないので少しでも安いお店を探して購入していたのですが、おむつとおしりふきが常時15%引きになるAmazonファミリーは凄く魅力的で以前から加入を検討していたのでした。

Amazonファミリーの利用料金

Amazonファミリーを利用するにあたってのポイントは下記の通りです。

Amazonファミリーの利用にはAmazonプライムへの登録が必須です。

年会費3,900円が掛かりますが、それはあくまでAmazonプライムの利用料でAmazonファミリーの利用料ではないというのがポイントです。

なのでもしも一年後にAmazonプライムを退会したとしてもAmazonファミリーは無料会員として、引き続きおむつなどの割引特典は受けられます。

無料でサービスを継続出来る理由はAmazonファミリーへの登録は広告メールの受信が必要というところにあります。

つまりAmazonファミリーは広告料で成り立っているので、特別な利用料金は必要なく広告代わりにお得な情報を受け取ることを了承するだけで良いのです。

Amazonファミリー経由でAmazonプライムへ登録するメリット

Amazonファミリー経由でAmazonプライムに登録

もしも小さい子供がいるならAmazonプライムへの登録はAmazonファミリー経由でするのが良いです。

何故ならば、Amazonファミリー経由でAmazonプライムに登録した後にAmazonビデオを視聴すると、対象のベビー用品を5,000円以上購入した時に使える3,900円分のクーポンを貰えるキャンペーンを実施しているので、実質Amazonプライムの初年度費用が無料になるからです。

とりあえず、あまり考えていても前に進めないので→ Amazonファミリー経由でAmazonプライムに登録することにしました。

Amazonファミリー登録手順

1.→ 説明画面から「登録」ボタンを押す

2.基本情報の入力画面で基本情報を入力する
登録するには、Amazonファミリー会員規約、Amazonプライム会員規約に同意し、さらにAmazonファミリー会員向けのキャンペーメールの受信の同意が必要になります。

つまり、Amazonプライム(年会費3,900円)に登録すると同時にAmazonファミリーにも加入し、特典を受けられる条件として広告メールを受け取れば良いわけです。

3.クレジットカード情報の登録
三ヶ月間はお試しのために無料で利用できる期間があって、その後すぐに自動切り替えでAmazonプライムの有料会員に変更され、Amazonから請求が届きます。自動切り替えが嫌な場合は、Amazonプライムの会員情報管理ページで自動更新設定を変更する必要があります。

4.登録完了
「登録を完了する」ボタンを押せば登録完了です。

Amazonプライム

Amazonプライム会員は年会費が3,900円かかる有料サービスですが、主な特典は、Amazonで買い物をする際に送料が無料になったり、有料サービスの急ぎ便や、時間指定が使い放題になるというものです。

僕はAmazonを何度も利用するので送料だけで元が取れてしまうというのもAmazonプライム会員になった理由でもありますが、Amazonプライム会員になると、他にもAmazonミュージックやプライムビデオなど、かなり充実したサービスが受けられます。

仮に送料無料がなくてもAmazonプライム会員になっても良いと思わせるほどの充実っぷりです。

Amazonを頻繁に利用する人であれば会員になっていて全く損はない、というか、加入しないのが勿体ないくらいのサービスです。

Amazonプライムについて

Kindleオーナーライブラリー

Kindleオーナーライブラリー

他にも→ Kindleオーナーライブラリーというものがあります。

KindleオーナーライブラリーはAmazonプライムの会員で、Kindleの端末を持っている場合、Amazonが指定した本(Kindleオーナーライブラリー対象タイトル)であれば、毎月一冊無料で読めるというものです。

Kindleオーナーライブラリーは→ Amazonプライム会員の特典の中の1つのサービスなのでAmazonプライム会員でなければKindle端末を持っていたとしても利用出来ません。

Kindleオーナーライブラリーを利用してみた感想

読みたい本で読めるタイトルが少ない

Kindleオーナーライブラリーとは、Amazonの電子ブックリーダーであるKindle所有者で、Amazonプライム会員であれば、毎月1冊無料でAmazonの指定した本が読めるというサービスです。

で、早速利用してみた感想ですが「無料だしどうせ、しょうもない本ばかりなんだろう」と予想はしていましたが、その予想はだいたい外れていない感じでした(笑)。

例えば、大手出版社から出版されていて書店でも見かけるようなメジャーなタイトルのほとんどはKindleオーナーライブラリーの対象外で、無料で読めるのは個人がAmazonパブリッシングで出版しているよう内容の真偽さえ不明な中身の薄い本がほとんどです。

特に参考書などをメインに読みたい僕のような利用者の場合、残念ながら読みたいと思うタイトルはほとんど見つけられないというのが実情です。

小説などであれば選択肢はそれなりに多くなると思います。

ただ、これはAmazonが駄目なわけではなく、電子書籍自体の数がアナログの本の数に比べてまだまだ少ない事が根本的な原因でしょう。

実際問題で書籍全体から考えれば電子書籍化されているタイトルは数%もないでしょう。元々の選択肢が少ないのですから読みたい本を探し出すというのは非常に難しいと思われます。

読める本は一度に一冊だけでストックは出来ない

Kindleオーナーライブラリーのサービスを利用して借りている本があれば、その本を返却するまで新しい本を読むことができません。

新しい本を読みたい場合は、現在利用中の本を解除して新しい本を読むという手順をとる必要があり、複数の本を読み溜める積読のようなことはできません。

Kindleオーナーライブラリーは、いわば一度に一冊しか借りられない図書館のようなものです。

他のサービスが充実しているのがAmazonプライム会員を続ける理由

結局の所、期待していたKindleオーナーライブラリーは僕にとってちょっとガッカリなサービスではありましたが、それでも今なお→ Amazonプライムの会員を続けているのは、プライムビデオに代表されるサービスがかなり充実していて、こんな便利で楽しいものが月額数百円で利用出来るのであれば、わざわざ解約する必要がないというのがその理由です。

年間3,900円の会費、月にして約300円が高いか安いかは人によって違うとは思いますが、Amazonの利用回数が多い方であれば、プライム会員には絶対に登録しておいた方が良いと思わせる魅力的なサービスだと思います。

Amazonプライム会員になって4年3ヶ月

Amazonプライム会員になって4年3ヶ月経ちました。Kindleオーナーライブラリーも当初は利用していましたが今では全く利用していません。子供も大きくなってきたのでオムツやミルクを卒業したのでAmazonファミリー自体ももう必要はなくなっていますが、Amazonプライム会員は継続しています。

-kindle・Amazon
-, , ,

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.