いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

戯れ言

僕がSNSに熱心になれない理由

投稿日:

facebookやLINEなどをはじめとするSNSは楽しいですよね。
僕もfacebookとLINEのアカウントは持っていますし、日頃から友人・知人の現在の様子をチェックするツールとしてSNSは欠かせないものになっています。

しかし、ほぼ毎日チェックするSNSですが、僕自身が何かを投稿するかと言えば、年に1〜2度程度しかなく、ほとんどロム専用のためにアカウントを持っているというような状態です。

ブログを書いている人がSNSに熱心とは限らない

世間一般的には、ブログをセッセセッセと更新したりしているような人は、インターネットに強くて、インターネットにある有りとあらゆるツールはバリバリ活用しているような印象があるかもしれません。

人気ブログのアクセス数増加のためにやったこと等の情報が掲載された記事を読んだりするとfacebookやtwitterなどと連携させたりすることが重要だと書いている人も多いですから、ブログを運営して行く上で、facebookやtwitterの活用は必須のような印象も受けます。

しかし僕の場合はSNSに熱心に何かを投稿することはありませんし、何か面白い投稿があってもシェアすることもありません。ましてブログのネタをSNSから拾って来るなんてこともほとんど無いと言って良いほどです。

facebookの場合は情報収集目的というよりも、友人・知人の近況を知る為の観察ツールのようなもので、ほぼ毎日チェックはしていますが、twitterに至っては、もうチェックすることすら無くなっています。

僕がSNSに注力しない理由

SNSは時間の無駄だと思うから

あくまで僕にとっての話ではありますが、SNSへの投稿は時間の無駄だと思っています。

ブログに長文をツラツラと書くのは、それほど苦手とするところではないのですが、SNSなどに投稿するのが非常に苦手で、たとえ短文であったとしても、書くのに非常に時間を要してしまいます。

コメントなどが有った場合は、律儀に返信する必要もありますし、とにもかくにもSNSを積極的にやっていこうとすると、かなりの時間を消費することになるのです。

そこはやはり、ブログのように匿名性がないため、基本的に友人や知人を相手にしていて、それなりに人間関係を意識した投稿をしなければいけない、ということを考えてしまうせいなのかもしれません。

何を投稿すれば良いのか分からない

所詮SNSなので、難しく考えずに、気軽に日常を投稿して、SNS自体を楽しめば良いのでしょうが、僕にはそれが出来ないようです。

というのも、時々何かを投稿してみようと思うことがありますが、いざ投稿しようと思うと、何か意味のあることを書かなければ行けない、などと考えてしまって、どうしたものか何を書けば良いのか分からなくなってしまうのです。

僕が友人・知人の投稿を見て、それに対して何の意味も求めておらず、単純に、元気で過ごしているのだなと思う程度ですから、僕もそのレベルで投稿すれば良いのでしょうけど・・・。

SNSのセンスがない

SNSに頻繁に投稿してなおかつ、かなりの数のイイネを獲得していたりする人が居ますが、そのような人達を僕はすごく羨ましく思ったりします。

というのも、僕の場合、投稿してもほとんどイイネが付くことはありません。いや、それでも久しぶりに投稿すればいくつかのイイネは付くのですが、数回投稿を続けるとすぐにゼロになります。

そんなことを気にせずに好きなことを投稿すれば良いのでしょうが、反応が得られないのは非常に寂しく感じてしまうのです。

自分の言動に対して、何らかの反応を求めるのは、精神衛生上にも良くないので、あえて投稿しないようにしている、ということもあります。

SNSで人気者になれれば、それに越したしたことは無く、実際問題で人気者にもなってみたいと思うこともありますが、結局の所、センスの有る無しがはっきりと出てしまうもので、僕はSNSのセンスが全く無いと言えるでしょう。

僕がSNSに注力しない理由まとめ

結局の所、その労力に対してのリターンが少ない、というのが全てかも知れません。

SNSを使ってもアフィリエイトなどのWEB収入を増やす方法もあるでしょうし、成功されている方も少なからず居るとは思いますが、僕自身がそれをやって上手くWEB収入を増やせるような気が全くしないのですよね。

また、SNS本来の楽しみ方と思われる、人と人との繋がりやコミュニケーションツールとして考えた場合にも、僕の場合はうまくネットで絡むことが出来ないため、やればやるほど孤独を感じてしまうものでもあるので、こちらに関しても、やり続ける理由が見出せないのが正直なところです。

一方、ブログはと言えば、WEB収入としてリターンは少なからず臨めますし、閉鎖空間が基本であるSNSと比べて、オープンなブログは不特定多数の人に見てもらえる可能性があり、そこから新たなチャンスや展開も期待できるものだと思っています。

ただし、SNSを全部否定するかと言えばそうではなく、冒頭にも書いたように、友人・知人の近況を知るなどで、活用しているため、他の方々には熱心に更新してもらいたいという思いがあります。見る分には楽しいのですよね。

というわけで、ブログは得意でもSNSは苦手というパターンも有るのですよ、というお話でした。

SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術
SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術
  • 著者 : 樺沢 紫苑
  • Kindle版:270 ページ
  • 出版日 : 2012/04/04
  • 出版社 : サンマーク出版

-戯れ言

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.