いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

生活 衣類・靴

普通が一番!ネット通販で参考になるファッションモデルとは?

更新日:

Amazonヤフーショッピングなどを利用してインターネットで頻繁に買い物をしている僕は、日用品や雑貨だけでなく、衣服などのファッション用品購入することが多いです。

しかし、実際に着用してみないと判断が出来ない洋服や靴などの衣類は、日用品や雑貨等と比べると、購入時には参考写真やモデルの体重や身長などの情報を見て慎重に検討する必要があります。

特にモデル写真は判断をするのに非常に重要になる情報ですが、先日、冬用のアウターを購入しようとした際に、商品紹介で使用されているモデル写真を見て、モデル写真って大切だなと思うことがありました。

インターネットで洋服を買うのは難しい

インターネットで洋服を買うのは失敗が多い

インターネットでの買い物は、探したいと思っているモノを簡単に見つけられて非常に便利な反面、洋服や靴などは実際に身につけない判断ができないような物を購入する際には失敗してしまわないかの不安がつきまといます。

手触りや質感など写真では伝わらないものは、実際に物が届いてから「イメージと違った」などと思うことも少なからずありますが、とりわけサイズに関しての失敗は取り返しがつかないだけに絶対に避けたい失敗になります。

タイトに着たいと思っても実際に着用してみるとダブダブだったり、逆に余裕がある着心地を求めていたのにキツキツだったりした場合、せっかく購入した服が一瞬にしてタンスの肥やしになってしまうということも十分に有り得ます。

そして、サイズが合っていたとしても、似合う似合わないの問題があるため、届いた洋服を見て「イメージ通り!」「素敵!」「カッコいい!」「可愛い!」と思っても、いざ着用してみると「あれ・・・なんかイメージと違う」なんてこともよく有ることと思います。

インターネットで洋服を買う際に不安な点

● 色や材質、手触りなどのが分からない
● サイズ感
● 実際に着てみた時に似合うかどうか

洋服や靴の返品は容易にできる

インターネットで洋服や靴を購入して失敗する人が多いせいか、洋服や靴の返品に関しては、他の物と比べても返品がしやすくなっているような印象があります。

たとえばAmazonファッションなども返品に対してじゅう柔軟な対応をしてくれることで有名です。

参考 →Amazonファッション

インターネットで洋服を買うにはモデルは非常に重要な情報

「サイズが違ったらどうしよう・・・」
「イメージが違ったらどうしよう・・・」
インターネットで服を買う際にはそんな不安が付きまといます。

HAGLOFS ホグロフス SECTOR II JACKET WOMEN レディース (2C4):602925

例えば、上の写真のような服が欲しいと思った場合、写真だけを見ても実際に着た時の感じがどうなのかのイメージしづらいです。

できればタイトに着たいのに、このようなフリース生地の服の場合、実際に着用してみると、想像以上にモコモコに見えてしまうかもしれません。

そんなインターネットで服を購入する時ならではの悩みや不安を払拭する情報として、僕自身がいつも重宝しているのが、実際にモデルが着用している写真と、モデルの身長と体重の情報です。

(ホグロフス)HAGLOFS 602925 602925 2C4 SOFT WHITE M

例えばこんな感じで、モデルが着用している写真とともに「モデルの身長は160cm 体重は48kgです」などの情報があれば、かなり自分が着用した時のイメージがしやすくなり、購入時の不安を払拭することができます。

同じ身長でも、やせ形の人も居れば、ガッチリ型、肥満型など体型はひとそれぞれ。タイトに着たい服などになると、着た時のイメージが全く違ったものになってしまう可能性が大きいため、体型に関する情報は非常に重要になってくるのです。

インターネットで服を買う際に参考になる情報


● モデル着用写真
● モデルの体型(身長、体重、スリーサイズ)

参考になるモデル写真と参考にならないモデル写真

モデル写真や、身長、体重などの情報は絶対必要

インターネットで服を買う際に大切な情報として、モデルの着用写真や、身長、体重などの情報が大切だと感じている人は多いでしょう。そのため販売サイトなでは、モデルの身長と体重の情報は当たり前のように記載されています。

amazonでは何故かその情報が無い場合も多いですが、レビューを見れば、レビューの中に購入者の身長と体重が書かれていて非常に参考になります。

服のレビューの場合はレビューと一緒に購入者の身長と体重の情報を書くのが暗黙の了解としてあるようで、それほどインターネットで服を買う際に身長と体重の情報が重要だということでしょう。

モデルは基本的にカッコ良いという問題

モデルが着用した写真が掲載されているのは、もはや基本中の基本とも言えるのですが、ここに一つの問題が存在します。

モデルがカッコ良いのです

モデルがカッコ良くてスタイルが良いというのは当たり前のことだと思います。むしろカッコ良くてスタイルが良いからモデルなのであって、そうでなければモデルにはなれなかったはずですから当然です。

一般人では100人に1人も居ないような、細身で身長が高くて手足が長いモデル体型の人が服を着れば、大概の服は似合ってカッコ良く見えてしまうため、ファッションショーに限らず、ECサイトなどでもスタイルが良くてカッコ良いモデルの写真が使われていたりします。

モデル体型で、しかもコーディネートされれば、大概の服はカッコ良く見えてしまいますから、販売サイトとしては理想的なイメージ写真だと思います。

モデル写真によるイメージの違い

(ホグロフス)HAGLOFS 602924 602924 2AT MAGNETITE M

上記はamazonで販売されているホグロフスのジャケットの写真で、僕が実際に購入を検討していた服です。

モデルは日本人と思われる男性で、体型的にはそれほどモデルモデルした感じではありませんが、ダンディでスラットした感じで着こなしています。

本来買いたっかたはずのアウターが売り切れで買えなかった時に、たまたま見つけたアウターでしたが、このモデルの着用写真を見て「良い感じだな」と思ったのと、セール中だったこともあり、気分は一気に購入モードになりました。

しかし、カートまで入れたところで、最後にもう少し情報が欲しいなと思い、インターネットで他の情報を探してみた所、出て来たのが

M(日本L相当) (2AT)MAGNETITE (ホグロフス) HAGLOFS メンズ セクター2 ジャケット 602924

・・・・・・!!

これは楽天市場でも出店しているお店に掲載されていたモデルの着用写真ですが同じ服になります。この写真を見た瞬間に、僕は一気に冷静になることができました。

モデルがどうとかではなく、実際に僕自身が着ると、おそらくこんな感じになるのではないか・・・と客観的にメージできたわけです。

ちなみにこのモデルの体型は175cmで69kg。
僕の体型は175cmで72kgでほぼ同じです。
違いは、モデルはポッチャリ型なのに対して、僕はガッチリ型くらいで、着用したイメージはほぼ同じになると思われます。

結果として、僕は購入をやめました。

カッコ良いのが正解ではない利用者目線のモデル写真

ECサイトを運営する立場から考えれば、どんなカタチであれ、商品が売れることが最も大切なことだと思います。

そう思うと、なるべく服がカッコ良く見えるように、スラッとしたモデルを起用するのが最も効果的なアピールの方法だと思います。そういう観点からすれば僕が冷静になって購入をやめてしまうようなモデル写真は失敗と言えるでしょう。

しかし、利用者の立場から見れば、モデル体型の着用イメージは購入の際の参考にするのが難しく、時として大失敗をしてしまい「やっぱり服はネットで買っちゃいけないな・・・」と思って、二度とインターネットで購入しなくなってしまうかもしれません。

実際に、そういう人は僕の周りでも結構居ます。

その辺りの問題と需要に気が付いたのか、それともモデルを使う予算がないからなのか、モデルを起用するのではなく、お店のスタッフなどに着用させるパターンも多くなっているように思います。

結果として、現実離れした体型のモデルではなく、我々凡人にとって身近な体型のモデルが着用したイメージが確認できることで、実際に自分が着用した時がイメージしやすくなっているのは、購入する側としては、非常に有り難い状況になってきているなと思います。

要するに、親近感のある身近な体型の人がそれなりに着こなしてカッコよく見えるというのが大切なポイントだと思います。

実際問題で、もしも最終的に購入を決定する際に、自分と同じ体型のモデルが着用した写真がカッコ良ければ、僕は間違いなく購入していたでしょうし、手元に服が届いた後も、大きな満足感を得て「インターネットって超便利!」と思えたはずです。

日頃から、インターネットでECサイトの運営や、アフィリエイトなどでWeb収入を得ようと思った時に大切なのは「利用者へのサービス精神」だと思っている僕ですが、インターネットの服のモデル写真で大切なのは服がカッコ良く見えることではなく「こういう体型の人が着れば、こんな感じになりますよ」というようなことが判断できる写真です。

損して得取れではないですが、そういった利用者目線になれるショップが勝ち組になれるんじゃないかな考えさせられました。

インターネットはファッション雑誌ではありません。高級なブランドばかりでもありません。そんな中でファッション雑誌や高級ブランドと同じようにイメージ優先にしていると見逃してしまう大きな利益があるんじゃないかと思いますね。

ちょっとしたことですが既存のイメージを壊した先に大きく得るものがあるように思います。

-生活, 衣類・靴

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.