いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

料理 生活

バウルーのホットサンドメーカーを買って良かったこと

更新日:

バウルーのホットサンドメーカー

バウルーのホットサンドメーカーを購入して以来、朝食が楽しく豊かになったので紹介してみます。

ホットサンドメーカーを購入するまでの我が家の朝食の定番はシリアルか、トーストか、ホットケーキでした。これらのメニューはバリエーションを持たせられるようなメニューでもないのでローテーションさせても限界があります。一ヶ月もすればマンネリになってしまい朝の食事は義務的で楽しくないものになってしまっていました。

そのせいか3歳の息子も朝はあまり食欲がなく、せっかく作った朝食をほとんど食べない時もあったりするのが悩みでもありました。

そこで、どうせ毎朝食べるものであればもう少しバリエーション豊かで楽しい食事をする方法を探して辿り着いたのがバウルーのホットサンドメーカーでした。

朝食のマンネリを打破するには「ホットサンドメーカーしかない!」ということで早速バウルーのホットサンドメーカーを購入してみました。

ホットサンドメーカーを購入した結果としては、想像以上に簡単にそして美味しいホットサンドが作れるようになり、我が家の朝食が劇的に変わりました。その素晴らしさを伝えるためにバウルーのホットサンドメーカーのレビューなどを書いてみようと思います。

バウルーのホットサンドメーカーの基本情報

バウルーのホットサンドメーカー

バウルーは日本企業が作るホットサンドメーカーのブランドで、製造を田巻金属株式会社、販売をイタリア商事株式会が手がけています。

ホットサンドメーカーのバウルーが誕生したのは日本に来ていたブラジル人留学生が金属製のパン焼き器でホットサンドを作っていたのがきっかけだそうです。

そのブラジル人留学生の出身地がブラジル・サンパウロ州のバウルーという街だったことに由来してホットサンドメーカー=バウルーと呼ばれるようになったようです。

ちなみに商品名のスペルはBawLooですが、ブラジルのその都市の地名はBauruが正しいようです。

バウルーのホットサンドメーカーを購入した理由

バウルーのホットサンドメーカー

圧倒的評価と知名度

ホットサンドメーカーを探した時、バウルーに以外にもいろいろなメーカーのホットサンドメーカーが見つかりました。

しかし、その中でバウルーのホットサンドメーカーを選択したのは、バウルーのホットサンドメーカーが圧倒的に有名だったことや、そのデザインの良さから物欲を刺激されたこと、Amazonなどのレビューでも高評価を得ていたこと(現在多くの商品で見られる中国系のスパム的なレビューではありません。)などから、迷わずバウルーのホットサンドメーカーを購入しました。

ホットプレートタイプよりガスコンロで使用できる

また、現在はガスコンロで使用するタイプよりも、ホットプレート式のホットサンドメーカーが主流になっていますが、卓上型の製品はホットプレートと同じく、出すのも面倒、洗うのも面倒ということで、それを使うこと自体が面倒になってしまうこともあり、ガスコンロで使用するタイプのホットサンドメーカーにこだわりたいところです。

バウルーのホットサンドメーカー外観

ポップで可愛い佇まいのホットサンドメーカー

バウルーのホットサンドメーカー

バウルーのホットサンドメーカーの外箱は1970年代のアメリカを連想させるようなレトロポップなデザインで化粧箱も大事に取っておきたいと思わせる可愛いパッケージです。

バウルーのホットサンドメーカー本体

バウルーのホットサンドメーカーの本体にはBawLooの文字がエンボス加工で入れられています。他のホットサンドメーカーではあまり見ないデザインで全体的に丸みを帯びた形はオシャレで可愛い佇まいです。

これを使っているだけで可愛い奥様になれるような嬉しい気分にさせてくれるホットサンドメーカーでもあります。

真ん中に仕切りのあるダブルタイプが人気

ダブルタイプのホットサンドメーカー

バウルーのホットサンドメーカーには、食パンがそのまま焼けるタイプと、真ん中に仕切りがあり、食パンの中央部分にラインが入るダブルタイプの二種類があります。

僕が購入したのは真ん中に仕切りのあるダブルタイプです。真ん中にラインが入ると、焼いたホットサンドに圧着したラインが入るので、食パンを半分にカットしやすくなり、カットした後も中の具がこぼれづらいというメリットがあります。

どちらかと言えば、仕切りのないシングルタイプよりも、仕切りのあるダブルタイプの方が人気のようです。

ホットサンドメーカーの素朴な疑問のQ&A

ホットサンドメーカーの素朴な疑問

ホットサンドを作る際の基本的な疑問についてまとめてみました。

例えば山崎パンのダブルソフトやロイヤルブレッド、ふんわりでも、パスコの超熟などでもホットサンドが作れます。もちろんパン屋さんで購入した食パンでも大丈夫です。

ホットサンドメーカーに使うパンの種類や枚数は?

普通の食パンが使えます

バウルーのホットサンドメーカーに使うパンは、スーパーなどに売られている普通の食パンで大丈夫です。もちろんパン屋さんで売られている食パンも通常サイズのものであれば大丈夫です。

6枚切りでも、8枚切りでも使えます

6枚切りでも8枚切りでも使えます。
但し、6枚切りを使うと具よりもパンの方が存在感が大きくなってしまうので8枚切りがおすすめです。

食パンの耳はカットするの?

食パンの耳もそのまま焼けます
バウルーのホームページにも「パンの耳までおいしく食べます」と解説されています。

実は僕はホットサンドを作る際にサンドイッチのようにパンの耳をカットしなければいけないものだと思っていました。

個人的には耳をカットすると無駄が多く勿体無い気がしたのでホットサンドメーカーを購入する際に悩んだのですが、安心してください。食パンの耳まで焼けます。

ホットサンドメーカーで食パンを焼くとパンの耳の部分がカリッとして美味しくなるのです。

そのせいか、トーストだとパンの耳を残してしまっていた我が家の3歳の息子もホットサンドにするとパンの耳までちゃんと食べるようになりました。

ホットサンドのパンとパンはくっつくの?

ホットサンドと言えば上下のパンがしっかりとくっついて蓋をされた状態になるのですが、しっかりとくっつけるためには何か糊のようなものが必要なのでしょうか?

ホットサンドメーカーを購入前にネットで調べた情報では「小麦粉を水で溶いたものか卵を糊がわりにして塗ってから焼かないとくっつかない。」などという情報も見つかり、なんだか面倒くさいなぁと思ったものでした。

しかし実際にホットサンドメーカーを使用してみた結果、そんなことをしなくても圧着されてきちんとくっつきます

カレーやシチューはサンドできる?

カレーやシチューをサンドすれば美味しいかなと思って試してみました。

基本的にホットサンドは具を山盛りにしてサンドするのが美味しいのですが、カレーやシチューなどのように液体状のものはサンドする際にハミ出てしまったり、食べた瞬間にダラダラと溢れ出たりするので、かなり控えめな少量にしておいた方が無難です。

ホットサンドのレシピは?

基本的には、パンと相性の良いものなら何でもサンドできると思います。

僕も色々な具を試してみましたがチーズが合うものならまず失敗はしないと思います。

僕がよく作るのは、スイートコーン&チーズ&ウインナーや、ツナ&マヨネーズ&ハムなどですが、野菜やコロッケ等の総菜もサンドできるので、ホットサンドだけでも、朝食のバリエーションがかなり増えました。

自由に具材をどんどん詰められるのもホットサンドの素晴らしいところです。

ホットサンドのレシピ

バウルーのホームページでもいろいろなホットサンドのレシピが公開されています。
参考→ 毎日のレシピ
参考→ ご当地レシピ

ちなみに上記ページではバウルーのホットサンドを使う人をバウラーと呼ぶようです。流行らせたいんでしょうか(笑)

ホットサンドの調理時間は?

使用するガスコンロの火力にも左右されるところですが、弱火で調理した場合の調理時間は片面2分ずつの約4分程度だと思います。

これも事前にネットで調べた時は片面1分などという情報が多かったですが、早く焼こうとして強火や中火で調理してしまうと中まで火が通る前にパンの表面が焦げてしまう可能性があります。

焦がして失敗しないためには弱火で調理するのがおすすめです。

他の料理と比べるとかなりの時短になるので、慌ただしい朝などは非常に手軽で助かります。

ちなみにホットサンドを上手に焼くコツは、いつも同じ火力と時間で焼くことです。きれいに焼けた時の火力と時間を覚えておけば、失敗することはほとんどありません。

コーンや千切りキャベツなどバラけてしまう具材はどうする?

コーンや千切りキャベツでもそのままサンドすることができますが、食べているとボロボロとこぼれてしまいます。

そんな時にはピザ用のとろけるチーズなどと一緒にサンドするとチーズが接着剤の役割をしてこぼれづらくなりますから小さな子どもが食べてもテーブルや床を汚してしまうことも少なくなります。

バウルーのホットサンドメーカーでホットサンドを焼いてみる

食パンを用意する

ホットサンドメーカーでホットサンドを焼いてみる

バウルーのホットサンドメーカーを実際に使用してみたホットサンドの焼き方の手順です。

まずは食パンをホットサンドメーカーにそのまま載せます。上の方でも書いていますが、食パンの耳もそのまま焼けるので切り落としたりする必要はありません。

この時点ではまだガスコンロに火は入っていません。

具を乗せる

ツナのホットサンドを作る

今回はトッピングにツナを乗せてみました。

ツナやコーンなどの缶詰類は手軽で美味しくホットサンドに合う食材の一つなので我が家ではいつでもホットサンドが作れるように常備されています。

ウインナーのホットサンド

半分に切ったウインナーを乗せてみました。

中央に仕切りのあるダブルタイプのホットサンドメーカーを使用する時には、固形物をトッピングする場合は中央の仕切りを避けて左右対称になるようにトッピングするのがポイントです。

チーズをトッピングしたホットサンド

ツナやウィンナーがこぼれ落ちるのを防止するためにとろけるチーズをトッピングしてみました。

とろけるチーズをトッピングすることで接着剤の役割をしてくれるのでコーンやツナなど細かな具材がこぼれ落ちるのを防いでくれるようになります

こぼれ落ち防止のためにはとろけるチーズを使用することが多いですが、チーズがなければマヨネーズでも接着剤代わりになりますし、美味しくいただけると思います。

ホットサンドの盛り具合

横からホットサンドを撮影してみました。

結構山盛りな感じですが、実は撮影用に控えめにトッピングしてあります。

もっと大胆に盛りつけても意外とサンドできるので普段はこれよりももっと多めに盛り付けられています。

食パンを被せた後にホットサンドメーカーの蓋を閉める

ホットサンドを作る

トッピングが終われば、食パンを1枚上から被せます。

ホットサンドメーカーでホットサンドを焼く

ググッとフタを閉めます。
多少具やパンがハミ出ていても構いません

弱火で焼く

焼けたホットサンド

焼き加減の調整は弱火で片面を3分、裏返して2分くらいがちょうど良い具合に焼ける目安です。

もちろん具材やパン、使用するホットサンドメーカーにより火加減や時間は変わってくるとは思いますし、好みの焼き加減も人に違うのでご自身の環境で調整してみてください。

程よい焼き加減になる時間を見つけたら覚えておくと毎回同じ具合に焼くことが出来るようになります。

頃合いをみてフタを開けたら綺麗な焼き色のついた美味しそうなホットサンドが現れました。

焼き加減が不安な時は時々フタを開けて中身を確認しても良いと思います。

カットして盛り付け

カットしたホットサンド

僕が使用しているダブルタイプのホットサンドメーカーは真ん中にカットするためのラインが入るので包丁で真ん中をカットしてホットサンドの出来上がりです。

シングルタイプのホットサンドメーカーは仕切りがないので食パンの対角線でカットしたりも出来ます。どちらが良い悪いではなく好みだと思います。

ホットサンドメーカーを使用すればこんな感じで簡単で早くて美味しいホットサンドが出来るのです。

バウルーのホットサンドメーカーまとめ

毎朝の朝食をもっと豊かにできる。しかもそれが簡単に出来るのですからホットサンドメーカーは本当に最高で、毎日の朝食をとても豊かなものにしてくれて、朝の食事の準備も楽しいものになりました。

ホットサンドメーカーさえあれば冷蔵庫やストッカーにある食材を適当にサンドするだけで美味しいホットサンドが出来てしまうのですから魔法の調理器と言っても過言ではないでしょう。

僕はもともと喫茶店に行けばホットサンドを必ず注文してしまうほどホットサンドが好きだったので、自宅で毎朝ホットサンドが作れるようになってとてもハッピーな気分です。

もちろん子供にも大好評で、今まであまり朝食を食べなかった息子がビックリするくらい良く食べるようになったのもホットサンドメーカーのお陰です。

また、簡単で美味しく出来るので朝食に限らずおやつやお昼ご飯にもおすすめです。

以上、バウルーのホットサンドメーカーについてのレビューでした。

-料理, 生活,
-,

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.