いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

Apple iPod・iPad パソコン・MAC関係

Appleの純正イヤホンを修理に出した結果

更新日:

Appleの純正イヤホンの調子が悪かったのでAppleに修理に出してみました。その流れと結果です。

Apple純正イヤホンの音が小さい

Apple純正イヤホンが調子が悪いので修理に出す

Apple純正イヤホンから聞こえてくる音が小さい

AppleのiPodに付属して来た純正イヤホンですが、音が小さいという不満が最初からありました。

静かな室内で聴いている分には不自由はないのですが、屋外や電車の中などの騒がしい場所では最大音量にしても、はっきりと音を聴き取れないくらいの音量しか出ないのです。

イヤホンを使って大音量で音楽を聴き続けると難聴の原因になるというニュースを以前見た記憶もあり、Appleの対策として意図的に音量を絞っているのかなとも考え、僕自身が初めて使ったAppleの純正のイヤホンということもあり、それが正常なのか異常なのか判断がつかず、とりあえず「音が小さいなぁ」と思いながら使い続けてきたのでした。

Apple純正イヤホンの片側の音が小さいことに気づく

Appleの純正イヤホンを音が小さいという不満がありながらも、しばらく我慢して使い続けてきましたが、どうにかしてもっと音がハッキリ聞こえるようにならないものかと、いろいろ試しているうちに左右の音のバランスが悪い事に気が付きました。

左右のイヤホンの音量を聴き比べて見ると、左側のイヤホンから聞こえる音量が異常に小さく、蚊が鳴くような程度の弱々しい音しか出ていないことが判ったのでした。

使い方が悪くて断線してしまったのかとも思いましたが、断線してしまえばそもそも音が聴こえなくなるわけですし、購入した当初から音が小さいと感じていたため、恐らく初期の状態から何らかの不具合があったのではないかと思います。

Appleへイヤホンの修理依頼

修理の依頼はサポートサイトから

Appleへイヤホンの修理依頼

僕の耳にはAppleのイヤホンは全くフィットしないこともあり、そのまま捨てて新しいイヤホンを購入しようとも考えましたが、とりあえず保証期間であったこともあり、とりあえず修理に出すことにしたのでした。

AppleではiPhoneやiPodの場合、本体の修理だけでなく、イヤホンや充電ケーブルなどの付属品に関しても修理を受け付けてもらえるので、オンラインでサポートセンターへアクセスして修理を依頼することにしました。

修理の依頼は特に難しい事も無いので、ここでわざわざ解説する必要もなくスムーズい申し込めると思います。

参考 → Appleサーポートサイト

保証期間の修理は基本的に無料

今回の修理依頼は保証期間ということで基本的には無料対応してもらえることになりました。

修理の申込をすると、こちらが製品を送る前に新品の代替え品が送られてきます。そして代替品が送られてきた封筒に修理対象品を入れて、配送業者に渡して返却という流れになります。

新品の代替品を受け取ったにも関わらず、修理品を定められた期間内に返送しなかった場合は「新規購入」的な扱いになり、代替え品の金額が請求されるという仕組みになっているようです。

Appleへイヤホンの修理依頼方法

Appleのサポートサイトから修理を依頼してから二日後にはもう新品の代替品が配達されてきました。症状を見る前に新品の代替品を送ってくるということは修理をして返送するのではなく、新品交換が基本になっているようです。

アメリカの企業らしく合理的な考え方だと思います。

Appleから送られてきた代替品を使用した感想

代替え品として送られてきたイヤホンは付属品のイヤホンとはちょっと違っていた

パッケージを見た感じだと、全く同じイヤホンが送られて来たように思いましたが、開封してみるとiPodに付属していたイヤホンとは若干の違いがあるように感じました。

ケーブルの太さと手触りが違う

iPodに付属のイヤホンと、代替品として送られて来たイヤホンとでは、ケーブルの太さと手触りが異なっているように感じました。

iPodに付属して来たイヤホンの方が若干ですが太めでしっかりした感じのするケーブルで、手触りも摩擦感の強いシリコンのような感じだったのに対し、新しく代替え品として送られて来たイヤホンのケーブルはやや細く、スルスルとした摩擦感の少ないケーブルになっていました。

この質感の差は耐久性の面で違いが出そうな気もしますが、気にするほどの差があるかと言われれば「気のせいかな?」と思う程度の差でしかないので、もしかしたら全く同じものが送られてきているかもしれません。

イヤホンの使用感が違う

新しく代替品として送られてきたイヤホンを使用してみてイヤホンが落ちづらくなったかも・・・と感じるようになりました。

元々のイヤホンは、耳に全くフィットしなかったので、歩きながら使用しているとポロポロと落ちてしまうほどでしたが、代替え品で送られてきたイヤホンは、もう少し耳の形状にフィットするような感じがありました。相変わらずフィット感は悪いものの、ポロポロと落ちることがほとんど無くなりました。

参考 → Appleの純正イヤホンが耳にハフィットしないので色々な装着方法を試した結果

見た目は全く同じように見えますが、イヤホンの大きさや形状、あるいはケーブルの変更などにより、何らかの改良が加えられているのかもしれません。

Apple純正イヤホンを修理に出した結果のまとめ

Apple純正のイヤホンを修理に出した切っ掛けは、左側のイヤホンからの音量が異常に小さかったことでしたから、代替え品が送られてくることによって、その点の問題が無事解決されました。

そして全く期待はしていませんでしたが、思いがけずApple純正イヤホンの最大の悩みと不満とも言える「フィットせずに耳からポロポロ落ちてしまう」という問題が改善され、Appleに純正イヤホンの修理を依頼した結果は大変満足となりました。

Appleの修理対応はかなりしっかりしていると思うので、何か少しでも不具合や調子の悪い部分あれば気軽に修理を申し込みしてるのが良いかもしれません。

あれこれ不満を感じつつ使用しているよりもきっと数倍のハッピーな気持ちになれるのではないかと思います。

-Apple, iPod・iPad, パソコン・MAC関係

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.