Amazon Fireタブレット8GBブラックを購入

最終更新日:2017/08/21 公開日: kindle, パソコン・MAC関係

2015年9月30日に発売される、Amazonの新しいタブレットFire 8GB ブラックを予約購入してみました。

現状で我が家では、タブレットはiPadがメインになっているため、不要と言えば不要ではありましたが、プライム会員限定のクーポン「FIREPRIME」で4,000円引きで購入できるということで、iPad以外の他の製品も知ることが出来る良い機会と思ったわけです。

Fireタブレットが届いたので開封してみた記事は下記
Amazon Fireタブレット8GBブラックが届いたので開封

sponsored link

Amazon Fire タブレット 8GB、ブラック

150923_2
Photo via:amazon.co.jp
発売日:2015年9月30日
メーカー:Amazon
7インチ IPSディスプレイ 解像度1024×600/171ppi
microSDカードスロット 128GB対応
最大7時間使用
2メガピクセルのリアカメラ
落下テストで最新のiPad Air2の2倍の耐久性
1.3GHzコアで構成された高速クアッドコアプロセッサ

僕がAmazon Fire タブレット 8GB、ブラックを購入した理由

150923_1
Photo via:amazon.co.jp

要らないと言えば要らない贅沢品ではありましたが購入してみた理由。

自分用タブレット

メインであるはずのiPadは、いつの間にか長男(4歳)の所有物になってしまっている今日この頃。

アプリの関係で、メインには変わりがないのですが、ネットをチェックするくらいであれば、他のタブレットでも大丈夫、というわけで、自分用に以前より格安な他社製タブレットに興味があったのでした。

iPad以外のタブレットに興味アリ

メインはあくまでiPadではありますが、他社製でも評判が良いものは沢山あるとの話なので、Apple以外の製品もチェックしてみたかったのでした。

Amazonプライム会員は4,000円引き

衝動買いに近い買い方をしてしまったのは、Amazonプライム会員は『FIREPRIME』で4,000円引き、つまり4,980円で購入出来たから

Amazonプライム会員なら、買わねば!という感じでした。

Amazonプライムの特典について

僕がAmazonプライムの会員になっている理由は、ただ一つ。
お急ぎ便と日時指定が無料だから。

買ったらすぐに欲しい、という性格なのです。

一般的な特典として、Kindle本が無料で読める、Kindleオーナーライブラリーなどは、実際使ってみた結果、興味の有る本がほとんど対象外ということもあり、全く使っていません。

9月下旬からサービス提供開始となる、プライム・ビデオに期待したいところですが、Kindleオーナーライブラリーの経験からして、見たいものはAmazonビデオで探さないと見つからないというような状況になると思われるので、過度な期待はしていません。

僕のAmazon Fire タブレット 8GB、ブラック用途

僕のAmazon Fire タブレットの使用用途は、インターネットのチェックのみ。ということになりそうです。

上述したようにプライム・ビデオもあまり期待していませんし、読書に関しては、Kindle Paperwhiteを持っているため、Amazon Fire タブレットを読書に使うことは無さそうです。

実際問題で、読書端末としてのKindleは、持ち運びの面では、非常にメリットが大きいですが、小説などではなく実用書メインだと、見たいページを探すのはアナログには到底及びませんし、メモや書き込みと言った面でもアナログ有利は絶対的で、僕の読書スタイルとしては、まだまだ電子書籍事態が受け入れられない物だったりします。

海外小説などは原文で読みたいので、持ち運ぶ手間や書店で探す手間などを考えればKindle端末ですぐ購入できて、しかも安い。さらに複数タイトルを持ち運ぶことができるのは、非常に便利なので、海外小説に限っては使用しています。

しかしながら、和書になると、実用書しか読まない僕にとっては、スキャンしてデーター化したような書籍しかなく、価格も大して安くなく、個人的には全く使えないという判断から、和書の読書用途では全く使っていません。

そんなわけで、Amazon Fire タブレット 8GB、ブラックを購入しても、インターネットのチェックくらいしか、使用用途はないわけですが、それでも使い勝手が良ければ十分に価値があると思い、購入するに至りました。

Amazon Fireの周辺アイテムについて

Amazon Fireの周辺アイテムである、合皮カバーや保護フィルムなどは、購入画面のボタン下に親切に表示されています。

Kindle Paperwhiteの際にも同様で、ついでに購入してみましたが、カバーを付けることによりKindle Paperwhiteの軽さの魅力が完全に死んでしまうことなどから、結局は使わなくなってしまいました。

そのような経験があることや、今回のAmazon Fireについては、外出で持ち歩くことは考えていないため、カバー類は必要ないとの判断から購入はしませんでした。

持ち歩くことが前提であれば、カバーくらいは購入すると思います。

ちなみに、2015年9月30日発売とのことですが、9月23日に注文して、お届け予定日が11月1日でしたので、のんびり待ちたいと思います。



Fireタブレットが届いたので開封してみた記事は下記
Amazon Fireタブレット8GBブラックが届いたので開封

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

猫のLINEスタンプ

猫のLINEスタンプ
  • ちゃんとしたブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

PAGE TOP ↑