いろいろなことをちゃんとしたいブログ

ちゃんとしたブログ

kindle・Amazon

Amazon Fireタブレット8GBを開封してみました

更新日:

AmazonのタブレットであるFireタブレット8GBが届いたので早速開封してみました。

Amazon Fireタブレット8GB開封

パッケージ

Amazon Fireタブレット8GBブラック

Amazon Fireタブレット8GBとFire専用のカバーです。
カバーはAmazon公式のカバーを購入しました。いろいろとサードパーティの製品もありますが、個人的な経験からしてスマートフォンやタブレットのカバーやケースは純正品が一番です。

開封

Amazon Fireタブレット8GBブラックを開封

Fireタブレットを開封します。
パッケージ裏側からポッキーの箱の要領で開封。

Amazon Fireタブレット8GBブラックを箱から取り出し
箱から取り出すとこんな感じ。
かなりの簡易包装です。

同梱物

Amazon Fireタブレット8GBブラックの梱包物

● Amazon Fireタブレット8GB本体
● 説明書
● ACアダプタ
● USBコード

Amazon Fireタブレット8GBブラックの裏側

Amazon Fireタブレット裏側にはAmazonのロゴがあります。

Amazon Fireカバー

Amazon Fireタブレット8GBブラックの純正カバー

Amazon純正カバーです。

最初はカバーは要らないと思っていましたが、落とすと一発で壊してしまいそうなので、カバーを購入しておいて良かったです

Amazon Fireタブレット8GBブラックのカバーをスタンドにする

Amazon Fireタブレット8GBブラックの保護だけでなく、スタンドにもなります。

蓋をこんな感じで折るとスタンドになります。
最初はどうやって立てるのか分かりませんでした。
ちなみに蓋を開けても起動はしません。

Amazon Fireタブレット8GBブラックを立ててみる
縦に立てた状態。

Amazon Fireタブレット8GBブラックを横に立てる
横に立てた状態。

Amazon Fireタブレット8GBブラックの蓋を開けたところ

蓋を開けるとこんな感じです。
質感は悪くはないと思います。

Amazon Fireタブレット8GBブラックにカバーを嵌める

カバーにAmazon Fireタブレット本体を嵌めてみました。Amazon Fireタブレット本体のサイドにmicroSDカードスロットが有りますが、カバーをした状態だと隠れてしまいます。

本体の8GBだと心もとないので32GBなどの大容量のmicroSDカードを購入しておけば、あとは挿しっぱなしになると思うので、特に不便は感じないはず。

Amazon Fireタブレット8GBブラックのボタン類
電源スイッチなどは本体下部のサイドにあります。

Amazon kindleとの比較

Amazon Fireタブレット8GBブラックをkindle paper whiteと比べる

kndle paperwhiteとの大きさ比較。
Amazon Fireタブレット8GBの方が一回りほど大きいです。
サイズよりも重量差の方が気になります。

Amazon Fireタブレット8GBを起動

Amazon Fireタブレット8GBブラックに充電

充電しなくても、最初に70%程度充電された状態でした。

電源ボタンを押して起動して、wifi設定をすると、ソフトウェアのアップデートなどが始まります。スタートできるまでは、ネット環境にも依るとは思いますがアップデートなどで20分ほど待つ状態が続きます。

ちなみに、ユーザー情報は購入したAmazonアカウントのものが出荷時に設定されているようです。

Amazon Fireタブレット8GBブラックの機能

プライム・ビデオやAmazonへ直接行けるアプリなど、便利と思われるアプリがいくつかインストールされています。アカウントと紐付いているので、そのままAmazonで買い物出来るようです。

kindleとも連動しているのでKindleで購入した書籍などもAmazon Fireタブレット8GBで共有することができます。しかしAmazon Fireタブレットは一般的なタブレットと同じ液晶画面なので、読書端末として考えるとAmazon Kindleの紙のような読みやすさとは違うので、あまり期待しない方が良いと思います。

読書をしたいならkindle paper whiteで読んだ方が断然読み易いです。

Amazon Fireタブレットまとめ

以上のような感じのAmazon Fireタブレット8GBですが、Amazonプライムビデオもサクサクと観られる感じでほとんどストレスを感じさせません。

プライム・ビデオの本数自体はまだまだ少ない感じではありますが、レンタルなども200円程度で出来ますし、ビデオレンタルの使い方が一気に変わってしまいそうです。

これだけしっかりとしたタブレットがAmazonプライム会員なら実質4,980円で購入できてしまうのですから、恐るべしAmazonとしか言いようがないですね。プライムビデオはダウンロードして本体に保存することもできるので、ネット環境がなくても観られるということもあり、お出かけ先でもかなり活躍しそうです。

関連記事

Amazonの製品やサービスに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-kindle・Amazon
-

Copyright© ちゃんとしたブログ , 2019 All Rights Reserved.